カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 門司港訪 | トップページ | 吉村醤油 »

2013年3月16日 (土)

珉子拉麺

前回の福岡遠征で行った門司筆頭『珉子ラーメン』本店。その時ベーシックの味を知ろうとして「普通ラーメン」を頼んだ。しかし後に屋号を冠する「珉子ラーメン」こそが代表するメニューだった事を知った。些細な心残り。

P1130274 門司港から小倉に戻る。本店は夕方からの営業なので、支店である小倉店へ向かう。モノレールで2駅目の旦過駅で下車。徒歩10分ほどで目的の店に到着。開店予定時刻の8分前に到着。開店まで店前で待つ。店前は猛烈な豚骨臭。これが小倉ラーメンだなぁと感じがする。店主が暖簾を出した時点で「中へどうぞ」と言われたので入店。厨房に中年男の店主とおばちゃんの2人。厨房前に一列カウンター6席と壁側に4席。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席1卓。後客2人。口頭で注文。

Minzuramenkokura00 Minzuramenkokura01 珉子ラーメン 小倉店

『みんずラーメン』 650円+『おにぎり』 100円
念願の屋号を冠するメニュープラス、今回がこの旅最後の食事なのでおにぎりプラスして注文。麺は中細ストレート。青ネギの小分け切り、細切りきくらげ、1/4茹で玉子、チャーシュー2枚。胡麻が最初からかかっている。普通のラーメンと何が違うのか?単にメンマと玉子が追加されただけなのか?印象としては油っぽく豚骨臭も相まって何となく佐伯ラーメンに似た印象を受けた。おにぎりは中に具も何も入っていないシンプルな塩むすび。これがとても美味しかった。最後はスープを口に含みおにぎりを食べた。満足。
モノレールで小倉に戻り、新幹線のぞみで帰路に着いた。4時すぎには新横浜、」5時半には帰宅出来た。

« 門司港訪 | トップページ | 吉村醤油 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珉子拉麺:

« 門司港訪 | トップページ | 吉村醤油 »