カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 丹行菊名 | トップページ | 中山普通 »

2013年2月23日 (土)

老舗華楽

朝9時頃家を出て予約してあった床屋で散髪。その後色々な買い物をする為イセザキモールを散策。そのまま黄金町周辺に出来たという新しい中華料理店に出向いてみた。何でも台湾ラーメンを出すとか。しかし着席するなり「すみませんがご飯が切れてまして…」とか言ってきた。何で昼にご飯切らしてるんだよ。こういう店はダメなので早々に後にする。再訪もないだろう。さてどうしようかと思い悩んで伊勢佐木町に戻ってきてしまった。「そういえば以前とんねるずのきたなトランで紹介されていた老舗中華料理店があったなぁ…」と思い出し行ってみる事にした。『中華料理 華楽(からく)』だ。残念ながら暖簾は黄色い新しいものに変わってしまった。戸を開け入店。厨房は仕切られているが中年夫婦。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席4卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

Chyuukaryourikaraku00Chyuukaryourikaraku01中華料理 華楽

『ラーメン』 500円+『半チャーハン』 230円=780円

1番人気だというラーメンと半チャーハンのセットを。ラーメンは中細ストレート、具は薬味ネギ、極太平メンマ、半茹で玉子、油多めのチャーシュー1枚。スープはいかにも中華料理屋のラーメンであっさり醤油でコクなし。チャーハンも味が微妙に薄く卓上の胡椒と醤油をかけてしまったほど。雰囲気はいいが再訪はないかな。

その後横浜橋商店街を抜けまたもや『磯村屋』でいつもの肉ポテト中を食べた。

Isomuraya06磯村屋 『肉ポテト(中)』 300円

« 丹行菊名 | トップページ | 中山普通 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/56824564

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗華楽:

« 丹行菊名 | トップページ | 中山普通 »