カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 宮崎拉麺 | トップページ | 山梨初訪 »

2013年2月15日 (金)

店舗交換

P1120970今日は予報では午後から雪になるという予報だったが結局雪にならず小雨。定時退社日だったので早くあがったが、その時には空の雲は薄れ雨も止んでいた。久々に町田から小田急線に乗り換え海老名へ。ビナウォークのラーメン処がめまぐるしく店舗を入れ替えられたと聞きやってきた。昨年4月に訪問した『北のらーめん大地』の場所に入った「濃厚地鶏」をウリにした『松任製麺(まっとうせいめん)』に入店。結局は同じ富山ラーメン『いろは』と同じグループなのでグループ内の入れ替えという事になる。本店は石川県にあり、富山にも支店がある。入口に券売機。厨房にはおじさん店主とバイトの女店員の2人。前後客ゼロ。

Mattouseimen00Mattouseimen01濃厚地鶏 松任製麺 海老名店

『地鶏白湯らーめん』 680円

基本のラーメンを並注文。麺は中細ストレート。具は青ネギの小分け切り、もやし、きくらげ、メンマ、チャーシュー1枚半。糸唐辛子が少々。確かに鶏白湯の風味を感じるけど濃厚を謳うほど濃厚でもない。むしろ魚介出汁を入れているのか節系の味もするのであっさりした魚介豚骨を食べている気分になってしまった。決して悪くはないけど、心にくるものが何もない。店頭に「本日の地鶏は名古屋コーチンです」と書かれた看板をわざわざ出しているが本当に日々変わるのか?変わっていいのか?

P1120963このビナウォークでは古株として残っていた隣の『六角家』は先月29日をもって閉店。跡地には博多豚骨『二男坊』という店が3月28日に開店するそうだ。

次はこちらもビナウォークでは古株だった九州大牟田ラーメン『柳屋』が先月31日に三ツ境『梶』の場所に移転。その跡地に逆に移転してきたのは綱島にあった『虎節』。市内で目まぐるしく店舗交換が行われている。早速入店。入口に券売機。厨房には若い男の店員2人と女店員2人。こちらは店内は常に7割以上の入り。

Kobushiebina00Kobushiebina01ラーメン専門店 虎節

『虎二郎らーめん(ミニ)』 500円

『虎節』って綱島時代に我がいった時はドロ豚骨系だったが二郎系に鞍替えしたんだったか筆頭基本メニューをミニサイズで注文。自分的には二郎はミニサイズで十分。野菜、油、ニンニクの量が好みで選択出来るが全て普通。もっちりした食感のちぢれ太麺。具はもやしキャベツと肉厚なチャーシュー1枚。スープは乳化した豚骨醤油できざみニンニクで二郎味。味はそこそこ。量はちょうど良かった。しかし一週間ぶりのラーメンだというのに全くの平常心で気持ちに何のさざ波も起きなかった。新店巡りはもう興味が大分薄れてきているのかもしれない。

相鉄線で横浜に出て買い物をしてから帰宅した。

« 宮崎拉麺 | トップページ | 山梨初訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店舗交換:

« 宮崎拉麺 | トップページ | 山梨初訪 »