カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 獣臭希薄 | トップページ | 鍋焼拉麺 »

2013年1月28日 (月)

牛骨辣油

月曜日だけど帰宅途中関内で途中下車しすぐ近くの『麺屋一本道』へ入店した。この店はメニューが豊富なので困る事はないだろう。未食のトマトラーメンでも食べようかと券売機の前に立つ。すると「牛骨ラーメン」という魅惑的なボタンを発見してしまった。どうやら数量限定のメニューののようだ。倉吉訪問以降すっかり牛骨に魅了されてしまった我。結構な値段だったが反射的にボタンを押した。厨房には男の店員1人とおばさん店員1人。先客5人後客1人。

Menyaipponmichi06Menyaipponmichi05麺屋一本道  関内店

『牛骨ラーメン』 950円

麺はコシのあるちぢれ太麺。具は薬味ネギ、白鬚ネギ、牛すじ数個。別皿に温泉卵が付いてきた。冷たい温泉卵はスープをぬるくし味を壊す可能性を恐れ、別の状態のまま食した。白濁したスープは『香味徳』を彷彿とさせるが、何故か辣油と四川青山椒までかかっているので牛骨の良さは消されかなりスパイシーな味わい。何故こんな事をしたのか?単体ではクセが抜けなかったのか?牛骨ではなく別の名前のメニューにして欲しかった。値段も高過ぎだ。牛すじの歯ごたえだけは評価出来た。

« 獣臭希薄 | トップページ | 鍋焼拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/56647770

この記事へのトラックバック一覧です: 牛骨辣油:

« 獣臭希薄 | トップページ | 鍋焼拉麺 »