カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 再桜鳥塩 | トップページ | 大阪地麺 »

2012年12月20日 (木)

伏龍呼出

本日も定時退社。帰宅途中に新横浜で下車。駅からだと新横浜ラーメン博物館のひとつ手前の道にあった『ラーメンぼたん』が閉店し、今月12日に『らーめん伏龍』という店が開店したというので、今日はそこに行ってみる事にしたのだ。半地下の店舗。入り口に券売機。厨房は突き当たり奥で見えないが男の店員3人ほど。一列のカウンター7席とテーブル席多数。先客2人後客4人。着席し店員が注文を取りに来るのを待っていたが、いくら待っても来ない。大声で呼んで2回目でようやく来た。謝る様子もない。店は空いているのに水を出すわけでもない。客に全く無関心な感じ。何なんだ。終いには後客より後に提供される始末。なってない。

Fukuryuu00Fukuryuu01らーめん 伏龍

『焼きネギ伏龍ラーメン(しょうゆ・麺かため・油多め)』 700円

基本メニューに100円プラスで屋号を冠したメニューになるのでそれを注文してみた。醤油と塩が選択出来、さらに家系同様の好みも選択出来る。でも家系ラーメンではない、オーソドックスな醤油ラーメン。黄色いちぢれ細麺。具は薬味ネギ、茹でキャベツ、メンマ、半味玉、チャーシュー1枚。鶏ガラ醤油スープは味がはっきりしていて良いと思う。麺も合っている。しかし個性が欠けている。そしてそれ以前に接客が全くなっていない。再訪はありえない。

帰りは横浜で買い物してから帰宅したが、横浜からの電車が人身事故という理由で大幅に遅れていた。悪い事は重なるものだ。

« 再桜鳥塩 | トップページ | 大阪地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏龍呼出:

« 再桜鳥塩 | トップページ | 大阪地麺 »