カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 合間王将 | トップページ | 六角笑福 »

2012年12月 6日 (木)

拉麺土俵

木曜日だが早めに上がれたので魔が差したかのように新店訪問。東神奈川から京浜東北線に乗り換え2駅目の鶴見で下車。先月28日に開店した「鶴嶺峰(かくれいほう)」という難しい屋号の店だ。店主は千葉麺屋こうじグループ出身で元力士らしい。先に神奈川に進出した同グループ出身の『神勝軒』店主も角界出身だったはず。奇妙な一致だ。JR鶴見駅から京急鶴見駅へ抜ける。最初場所を勘違いして今は無き『絶屯』の跡地と思い込んでいて道を間違えた。方向が全然違った。5分くらい迷ってようやく店を発見。店前に5人の行列が出来ていた。7分ほど待って入店出来た。店入口に券売機。厨房に大柄な店主と男の店員2人。L字型カウンター8席。店内BGMが相撲の土俵入りにかかるような音楽だった。

Kakureihou00Kakureihou01らー麺土俵 鶴嶺峰

『鶴嶺峰らー麺(幕内)』 700円

屋号を冠したラーメンメニューを注文。並を幕内というらしい。メインはつけ麺。和みらー麺というのもあり曜日で塩と醤油が切り替わる。メニュー構成が同グループの『麺屋一燈』に似ている。麺はもちもちした中太やや縮れ麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、軟骨入り鶏肉団子、豚しゃぶ、ピンク色の麸。スープは豚骨濃度の高いドロドロの魚介豚骨。味は意外と優しい感じ。並以上のレベルだと思うがそこは魚介豚骨。面白みがない。

« 合間王将 | トップページ | 六角笑福 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/56265434

この記事へのトラックバック一覧です: 拉麺土俵:

« 合間王将 | トップページ | 六角笑福 »