カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 子安味噌 | トップページ | 綱島綱哲 »

2012年12月 1日 (土)

阿羅漢訪

今日からもう12月。岡山遠征の記事を書き終えるのに結局1週間も費やしてしまった。ようやく書き終えて本日は戸塚の原宿に出来た新店を目指し11時前に家を出る。空は灰色の雲に覆われ結構寒い。蒔田からブルーラインに乗り戸塚へ。戸塚駅の2階、西口バスターミナルから藤沢駅行きのバスに乗車し15分、原宿で下車。東海道とかまくらみちが交差する交差点のかまくらみち側の場所に11月21日にオープンした『RAMEN&DINING ARAKAN らーめん阿羅漢』を発見。ガラス貼りだが殺風景な印象を与える店構え。早速入店。厨房には男の店主1人と女店員2人。L字型カウンター10席。先客14人とほぼ満席だったがテーブルが1卓空いていたのでそこに案内された。あと客は家族客だったので外で待っていた。口頭で注文。

Arakan00Arakan01RAMEN&DINING ARAKAN らーめん阿羅漢

『ラーメン』 600円

筆頭基本メニューを注文。塩もあった。麺は低加水の中細縮れ麺。具は焦がしネギ、白髭ネギ、ほうれん草、穂先メンマ、比較的肉厚の炙りチャーシュー1枚。スープはしっかり醤油の味と揚げネギの香ばしさがマッチする美味しい醤油スープ。麺との相性も抜群だ。久々に上質の醤油ラーメンに出会えた感じがする。コストパフォーマンスも良い。大満足。

再びバス停に戻ると1分程度で駅に戻るバスがやって来た。バスは満員だった。駅までは乗らず消防署前という停留所でバスを降りる。そこからすぐのところに『麺や幸村』があった。4年弱ぶりの再訪となる。あれから戸塚に来る度にこの店へ再訪する事が頭によぎっていたのだが、新規開拓優先で実現出来なかった。今日は念願の再訪だ。入り口脇に券売機。横に長い店内。和の雰囲気があり照明は暗め。厨房には若めの男店員2人。L字型カウンター12席。先客11人後客6人と繁盛しているようだ。

Menyayukimura00Menyayukimura02麺や 幸村 『魚介とんこつ』 700円

初訪問時は筆頭「魚介しょうゆ」の得のせを注文していたので、この魚介とんこつを食べる為に再訪したかったのだ。出てきた時とても魚介豚骨には見えなくて、魚介醤油と間違われたのかと思った。魚介醤油に比べてややスープが濁っている程度の違いしか判らない。麺はかために茹でられた四角い中細ストレート。具は粗く切られた青ネギの小分け切り、平メンマ数本、海苔2枚、炙りチャーシュー1枚。スープは節の味がビシッと効いた魚介醤油でほとんど豚骨感は感じられなかったが、ややコクが出ていた。なかなかハイレベルの一杯を堪能出来た。

徒歩で戸塚駅まで戻ってパン等を購入してから帰路についた。

« 子安味噌 | トップページ | 綱島綱哲 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿羅漢訪:

« 子安味噌 | トップページ | 綱島綱哲 »