カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 広島一休 | トップページ | 宮島観光 »

2012年11月 2日 (金)

初広島焼

帰りは路面電車に乗り駅に戻った。結局お好み焼きは駅前にあるビル6階にあるお好み焼き店集合施設で食べる事にした。フロアにはいくつもの店があったが、一部は閉鎖されていたり寂しい情景が続いたが、とりわけ繁盛している店を発見。ホテルでもらったガイドを読んで目をつけていた店だ。屋号は『電光石火』という。どうせなら美味しそうな店が良いと思ったので混んでいたがこの店に決めた。すると若い店長らしい人が「今大変混み合ってるので30分ほどお時間をいただくかも知れませんがよろしいでしょうか?」と声をかけてくれたので頷いて、隅に唯一空いていた一席に座った。この店長、若いのに気配りが見事で、客に水を勧めたり、若い店員が粗相をしないようフォローしたり、会計したり何でも一人でこなしているようで感心した。あと客は続々来て、何と隣の閉鎖した店舗を待ち席としていた。隣の店の待合席になってしまう閉鎖された店舗。明暗クッキリだ。

Denkousekka01電光石火 駅前ひろば店

『電光石火(そば)』1050円+『生搾りレモンハイ』490円=1540円

屋号を冠するメニューとレモンハイを注文。先に出されたレモンハイをちびちびやりながら目の前で繰り広げられる作成工程を見学。大阪と広島のお好み焼きの違いを明確には知らないのだが、広島の方は生地が薄く具を包むようにするものようだ。最初に生地とキャベツを焼いて、別に麺(うどんorそば)と卵を焼いて、卵焼き、麺、キャベツ、生地と重ねていき、形を整えソースをかけ、ネギをふりかけ完成。綺麗な丸い形になったのは面白かった。味についてはおたふくソースの味が支配的になり、「お好み焼きの味」としか言えない。でも大葉の苦味がいいアクセントになっていたのが印象的。それと食感が違った。麺とキャベツもいい感じで中で蒸されていた。かなりボリュームがあったので後半苦しかったけどいい思い出となった。

« 広島一休 | トップページ | 宮島観光 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/56041537

この記事へのトラックバック一覧です: 初広島焼:

« 広島一休 | トップページ | 宮島観光 »