カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 深夜豚骨 | トップページ | 物産覿麺 »

2012年10月27日 (土)

自由人訪

やや雲が多いが爽やかな風が吹く土曜日。今日は先月18日泉区の僻地に開店したユニークな博多ラーメン店『自由人』に行ってみる事にした。地下鉄で湘南台に出た後相鉄いずみ野線に乗り換える。いずみ野線に乗るのは開通直後以来2回目くらいではないだろうか?とにかく縁のない路線だった。湘南台から乗るのはもちろん初めて。3駅目のいずみ野駅で下車する。目的の店は約20分くらい歩いた国道沿いにある。そこまではのんびりした風景が広がる。良い散歩となった。目的の店は砂利の敷かれた駐車場の中にあった。色々と面白い書き込みがされた手書きのボードがたくさん飾られたトレーラーの荷台部分を改造した店舗だ。なかなかに入りづらいよなぁ。到着は開店予定時刻10時を過ぎていたがまだ準備中だった。「今日は店主ひとりで営業」と書かれた紙が入口に貼られていた。1分弱で店主が出てきて暖簾を出し「どうぞ」と言った。早速入店。特に豚骨臭は感じない。我が最初の客となり、2人の男客が続いた。しばらく準備が整うまで待ってから口頭で注文。

Jiyuujin00Jiyuujin01ラーメン自由人

『九条ねぎラーメン(粉落とし)』 700円

筆頭のねぎラーメンを注文。麺はもちろん極細ストレート。具は細切りきくらげと大きめの柔らかいチャーシュー1枚と、トッピングの九条ねぎ。スープは濃厚な豚骨スープ。しっかりと味がある。美味しい。豚骨濃度どうのというより味がしっかりしている事の大切さ。考えてみれば当たり前過ぎる事だが、それを感じた一杯だった。

帰りはバスを待って駅に戻った。

« 深夜豚骨 | トップページ | 物産覿麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由人訪:

« 深夜豚骨 | トップページ | 物産覿麺 »