カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 川崎一燈 | トップページ | 横浜油麺 »

2012年10月19日 (金)

連夜川崎

昨夜に続きラゾーナ川崎へ。残る2店を訪問だ。まずは地元川崎代表の『つけめん玉(ぎょく)』へ。本店訪問からもう4年も経つ。その際は我のポリシーからラーメンを注文したので、今回は看板メニューのつけめんを注文。流石に週末金曜夜は混んでいて店前に8人くらい行列が生じていた。

Gyokukawasaki00Gyokukawasaki01つけめん 玉 ラゾーナ川崎プラザ店

『つけ麺』 780円

濃厚魚介つけ麺。平打気味の黄色い太麺が特徴。具は薬味ネギ、メンマ、ナルト1枚、海苔1枚、チャーシュー1枚。魚介豚骨は味の違いが分かりづらいのだが、ここのは美味しかった。麺も美味しい。麺を食べ終えた後つけ汁の丼を持ってカウンターに向かい、セルフでポットからスープ割りをして完食した。

間髪入れず次は博多ラーメンの『ばりこて』へ。本店は東高円寺付近にあり、都立家政にも支店を出している店らしい。こちらも4人先に並んでいた。

Barikotekawasaki00Barikotekawasaki01博多ラーメン ばりこて ラゾーナ川崎店

『博多ラーメン(なま)』 690円

基本のラーメンを注文。この店は粉落とし選択はなく「なま」と言うようだ。それを注文すると店員から「少しクセがありますがよろしいですか?」と聞かれた。この店の特徴なら試してみる方がよい。カウンター上には胡麻、辛味高菜、紅生姜などがある。胡麻をかけ高菜を少々投入。こういうフードコートには珍しく豚骨臭がするものだった。具は薬味ネギとチャーシュー1枚というシンプル構成。そして「なま」麺は確かに生だった。小麦のねっとりした食感がある。自分はこういうのは好みの方だ。

昨夜に続き隣の丸善ブックスで遠征資料を購入し帰路についた。

« 川崎一燈 | トップページ | 横浜油麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連夜川崎:

« 川崎一燈 | トップページ | 横浜油麺 »