カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 敦賀一力 | トップページ | 鱗辛浸麺 »

2012年7月15日 (日)

小浜岩通

Obama00敦賀市の西に位置する小浜市。バラク・フセイン・オバマが米大統領に就任した時、ネタに飢えたバカマスコミがクローズアップし強引な町おこしを行った町だ。そんな小浜市に、これも強引な感じで、ある食品会社がプロデュースしたご当地(風)ラーメンがある。小浜ラーメンだ。近隣の町のみならず、東京杉並区にまで店を出していたが、結局今は全て閉めてしまい、残るはこの小浜にある総本店1店のみという事になる。根付かなかったという事だ。ご当地未満ラーメンか。でも何故か気になって小浜まで行ってみる事にした。小浜線という2車両で手動式ドアのローカル線に乗って敦賀から約1時間もかかった。駅前でレンタサイクルを借り荷物をコインロッカーに預けいざ出発。商店街を抜け、古い町並みを抜け小浜湾に出る。海水浴場があった。更に西に行くと目的の店『若狭亭』総本店を発見。早速店の外観の写真を撮る。その時店の前に気になる看板を発見。「本日は売り切れました。」だと書かれていた。しかしまだ客が店から出てきているではないか!閉店予定時刻まで1時間半も前ではないか!何の為にわざわざ電車で1時間かけて、自転車漕いでここまで来たと思っているんだ!とにかくそう簡単に引き下がるわけにはいかない。暖簾を割り乗り込む。2つの引き戸を開けて入店すると案の定まだ客がいた。すると男の店員が「すみません今終わったんですよー」と言ってきた。しかしこちらも引き下がらなかったところ「塩ラーメンなら残っているんですが…」という言葉が出てきたのでそれを注文した。店員はバイトのような若い男ばかり4人くらい。カウンター6席と6人がけテーブル席2卓。

Wakasateisouhonzan00Wakasateisouhonzan01小浜ラーメン 若狭亭 総本店

『塩ラーメン』 680円

虚仮の一念岩をも通すだ。筆頭の小浜ラーメンを逃したがこの際しょうがない。具はやくみネギ2種、細メンマ数本、海苔1枚、ナルト1枚、大きめの巻きバラチャーシュー1枚。塩ラーメンと言いつつほのかに茶褐色な色のスープは、単純な塩ではなく節系の魚介ダシがじんわりと効いたもの。これは小浜ラーメンの塩バージョンだ。食べられて良かった。舌代を払い退店した。

店前のこじんまりとした海水浴場では五月蝿い音楽の演奏をやっていた。そんな小浜の海岸を横目に駅へと戻った。15分くらい次の電車を待ち、敦賀から米原経由で新横浜まで戻った。よく自転車を活用した今回の旅、帽子で顔焼けは防げたが、腕は真っ赤に焼けてしまった。

« 敦賀一力 | トップページ | 鱗辛浸麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小浜岩通:

« 敦賀一力 | トップページ | 鱗辛浸麺 »