カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 赤穂塩麺 | トップページ | 神戸老舗 »

2012年6月 9日 (土)

姫路老舗

Himejijyou01播州赤穂から赤穂線で姫路に戻ってきた。ウィキペディアのご当地ラーメンのカテゴリーには姫路ラーメンというものが記載されている。しかしよくよく調べてみると、地元ラーメンチェーンが姫路城の形に海苔を切り抜いたものを上にのせただけのようなシロモノだった。昨年末姫路で開催されたB-1グランプリの為無理矢理作った感が拭えない。こんなのは我のご当地ラーメン巡りの趣旨からも外れる。という訳で姫路には残念ながら固有のスタイルの地ラーメンはなかったとする。その代わり老舗に行けば本当の姫路のラーメンがわかると思い、駅近くにある『新生軒』へ訪問してみる事にした。昭和30年代屋台から続いた老舗で看板には「らーめん店の元祖」と書かれている。狭いスペースをフル活用した雰囲気がいいね。厨房には初老の店主らしき人とおばちゃん店員2人。厨房前に5席、壁側に10席。先客6人後客1人。客層はおっさんおばさんばかりだ。

Sinseiken00Sinseiken01新生軒 『ラーメン』 500円

出てきた一杯を見ただけで嬉しくなった。老舗ラーメンのオーラを感じた。麺は四角い細麺。具は薬味ネギ、もやし、メンマ数本、脂身の少ないチャーシュー2枚。お湯のように透明だがあっさりじんわりと味わいのある塩スープ。最初から胡椒がかかっているのも味わいある。雰囲気と味も含め大満足。

Himejijyou02せっかく姫路に来たのだから姫路城を行っておこうと足を運んだら改修中で巨大な仕切りで覆われてしまっていた。それでも400円の入場料を払い中に入る。城を巡っているうちに徐々に高い場所になっていき空気も涼しくなってくる。そして本丸まで来ると何と中に入るのは別料金で200円払う事になっている。修復中で隠された状態で入場料を支払ったのに、更に中に入るのに追加料金を取るというのは何とも燃える商魂だ。それでも修復費用に寄付するつもりで料金を払う。ガラス張りのエレベーターで天守閣まで上がるのは圧巻で、8階はまるで特撮映画の秘密基地のようで凄かった。こういった俯瞰の視点で外から天守閣を見る事はまずないのでいい経験が出来た。

駅に戻る。ここでもうひとつ姫路の名物が駅のホームにある。『えきそば まねき』だ。オフィシャルHPの説明によると「終戦後、何もない混乱期に統制品であった小麦粉の替わりにこんにゃく粉とそば粉をまぜたそばを販売、その後試行錯誤の結果現在のかんすい入りの、中華麺に和風だしというミスマッチの商品が誕生しました。」とある。そばの代わりに中華麺。これはラーメンと言ってよいのか?まずは注文。
Ekisoba00_2Ekisoba01えきそば まねき 姫路駅店

『天ぷらえきそば』 300円(タイムサービス)

白っぽいがラーメンっぽい四角いストレート麺。ぼぞっとした食感。スープはちょっとしょっぱさを感じる。具はかき揚げ天ぷらと薬味ネギ。やはり蕎麦やうどんには及ばない。それでも珍しいものを食べられたので良しとしよう。

山陽本線に乗り神戸へと向かった。

« 赤穂塩麺 | トップページ | 神戸老舗 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫路老舗:

« 赤穂塩麺 | トップページ | 神戸老舗 »