カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 神戸老舗 | トップページ | 播州地麺 »

2012年6月 9日 (土)

神戸拉麺

Rokkousan01かつて明大前付近にある『神戸ラーメン第一旭』に訪問した事がある。「へー、神戸にもご当地ラーメンがあるのか」と思ったものだ。でもよくよく調べてみると「神戸ラーメン」というのは「第一旭」がチェーン展開する時にとった登録商標であり、独自のご当地ラーメンではないようなのだ。もう屋号から判るのだが、そもそもは京都の『第一旭』の暖簾分け店が元になっている。つまり豚骨鶏ガラ出汁の醤油スープに薄いチャーシューと青ネギが多めにのっているスタイルだ。尾張一宮にも同じ経緯で広まった『尾張ラーメン第一旭』があり、秋田には『新福菜館』にインスパイアされた『末廣ラーメン』などがある。京都ラーメンが全国に及ぼしている影響の大きさにつくづく感心する。

今夜は神戸ラーメン代表格というべき『第一旭』の本店に向かう。でも『第一旭』には「神戸本店」と「三宮本店」、「元町本店」と本店を名乗る店が3店舗もあるのだ。オフィシャルHPに筆頭で紹介されていたのが三宮本店だったので、2時間ほどホテルで休憩した後三宮駅に向かう。駅から徒歩1分といった場所に店を発見。内外装とも観葉植物をたくさん配置したジャングルのような様相になっている。厨房には男の店員3人。コの字型テーブル12席と2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席7卓。先客6人後客2人。口頭で注文。

Kouberamendaiichiasahi00_2Kouberamendaiichiasahi01神戸ラーメン 第一旭 三宮本店 『Bらーめん』 700円

メニューに★印がついていた代表メニューBラーメンを注文。ちなみにAは肉なし、Cはチャーシュー多めだそうだ。麺は中細ストレート。具は脂身の多い大きく薄いチャーシューが5枚くらいのっている。京都の店との違いは最初から胡椒がかかっていること。それとスープの醤油ダレが弱く感じた。これは関西の淡口醤油文化に合わせたからかもしれない。我としてはちょっとスープに深みが感じられずちょっと口に合わなかった。

Rokkousan02店を出てJRみどりの窓口に行って明日の乗車券を手配する。その後六甲山へ行くことにした。せっかく神戸に泊まるのなら六甲山に登って夜景でもみてみようと思ったのだ。阪急電車に乗り六甲駅で下車しロープウェイ乗り場までは乗合バスで行く。神戸という街は横浜に比べ山と海に挟まれた土地が狭い分圧縮されたような感じ。横浜に当てはめ例えて言うなら本牧辺りに箱根山がある感じなのだろうか。1時間3本で運行されるケーブルカーは側面に窓がない。その為単に夜だからというのとは違うヒンヤリとした空気と緑の匂いを感じる事になった。山上の駅に到着し展覧台にあがると神戸の夜景を一望出来る素晴らしい眺めだ。時間をかけて来た甲斐があったというものだ。

同じルートで三宮に戻った後は地下鉄山手線に乗り大倉山という駅に下車。地上に出ると人通りが一気に少なくなってビックリした。ベットタウンなのかな?ともかく徒歩2分ほどで本日最後の目的店の『もっこす』大倉山総本店に到着。『もっこす』は『第一旭』出身者によって立ち上げられ、背脂等を加えてこってり感を加えた系統で、県内に数店舗展開、更に出身者が独立するなどして大きな勢力になっているとの事。その総本店がここなのだ。早速入店。厨房には親父店員が5人。客席は8人がけテーブル席が3卓のみ。内装も白塗りの壁だけで何か長浜ラーメンに通じる雰囲気がある。年中無休で24時間営業とのこと。先客7人後客4人。口頭で注文。

Mokkosuhonten00Mokkosuhonten01神戸の中華そば もっこす 大倉山総本店

『中華そば』 700円

商標の為か、こちらは中華そばと名乗っている。基本スタイルは『第一旭』と同じ。麺は細麺ストレート。薬味ネギがどっさりとのり、基本メニューでチャーシューが6枚のっている。スープは確かに『第一旭』に比べ濃厚の気はするが…味はまだ物足りなさを感じてしまった。これが関東人と関西人の壁なのか?ご飯に合うラーメンの気がした。

坂を下って神戸駅まで出て、今度は地下鉄海岸線に乗って三宮まで戻ってきた。ホテルに戻るまでマッサージ店があったので足つぼ40分コースを受けた。久々だったので少々痛かったが気持ちよくなれた。ホテルに戻ったのは23時近くになってしまった。

« 神戸老舗 | トップページ | 播州地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸拉麺:

« 神戸老舗 | トップページ | 播州地麺 »