カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 姫路老舗 | トップページ | 神戸拉麺 »

2012年6月 9日 (土)

神戸老舗

Nankinmachi00我にとってはもうひとつの元町、神戸元町に降り立った。いろいろ比較される横浜と神戸。たどった道もよく似ているのでなんとなく気になっていた。まず元町の駅に降り立って初めて入ったのは『QBハウス』。緑のパトランプに目が惹かれたのだ。とにかく襟足部分がうざすぎてさっぱりしたかった。元町駅のQBハウスは接客が良かった。システムも荷物入れのドアにTVが設置され文字放送がされていたし、切った髪の毛も椅子の下ではなくテーブルの下に掃き入れるタイプだった。仕上がりも満足いくものがあった。元町の中に入っていくと大きなアーケード型商店街が続いている。横浜なんかよりずっと立派な街だった。さらに進むと横浜に並ぶ有名な日本の中華街、南京町に出た。こちらは思っていたよりもこじんまりしていてひとつの十字路だけが中華街になっている感じだった。

横浜同様戦前から華僑が入り中華料理の馴染みが深い神戸。ここにも古いスタイルのラーメンが存在するはずだ。アーケード商店街に戻りやや三ノ宮の方向に進んだところにある昭和23年創業の老舗中華料理店『丸萬食堂』に入店。自動ドアを開く。厨房には男の店員3人と女の店員2人。2階もあるようだが1階でテーブル席が6卓くらい。先客6人後客3人。口頭で注文。

Koubemaruman00Koubemaruman01Koubemaruman02中華料理 丸萬食堂 『中華そば』 570円

醤油文化が色濃い関東と異なり、塩や淡口醤油が主体の関西では中華そのままの味わいをあまり変えない形でラーメンが広まった。それは『汁そば』と呼ばれた。ここのメニューにも「中華そば」と書きながら「しるそば」とふりがながふられている。古いタイプの神戸ラーメンが今も息づいている証拠だ。姫路『新生軒』同様、お湯のように透明で「あっさり」という言葉を具現化したようなスープ。麺は中細平打麺。具は薬味ネギ、もやし、薄いチャーシューが4枚。九州や四国の豚骨文化が及ばない頃、兵庫は真中華スタイルの塩ラーメンが広まっていたのだな。

とりあえず予約していた三ノ宮のビジネスホテルまで歩いて、荷物を置いて一休みする事にした。

« 姫路老舗 | トップページ | 神戸拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸老舗:

« 姫路老舗 | トップページ | 神戸拉麺 »