カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 筑波遠征 | トップページ | 矢向一丁 »

2012年5月19日 (土)

秋葉田中

つくばからつくばエクスプレスに揺られている時、以前六町駅で降りて『田中商店』に行った事を思い出した。久々に再訪してみるかとipadアプリで検索し情報を調べてみた。そうしたら『田中そば店』という『田中商店』のセカンドブランド店が近くに出来ているではないか!今度は喜多方ラーメンインスパイアのお店らしい。これは興味をそそられた。しかし更に調べると3月2日に秋葉原末広町付近に支店が出来たという情報も出てきた。わざわざ各駅停車に乗り換え六町駅に行くのは面倒過ぎるので秋葉原の店に行く事に決定した。秋葉原に戻ってきてしばし買い物。その後末広町方面まで足をのばす。この辺りまで来るのは久方ぶりだ。店は大きな看板を掲げ店前に行列が出来ていたのですぐ見つける事が出来た。店外プラ板食券機で食券を買い列へ並ぶ。前に並んでいたのはアニメ絵のTシャツを着てアイドルの缶バッジをたくさんつけている典型的なAボーイの集団。ここまで堂々とやっているところを見るとむしろ清々しい。すると「僕たち後から来る人を待っているんでお先にどうぞ」と言ってくれた。遠慮せず前に行かせてもらった。5分弱待って席に案内された。厨房には男の店員3人と女の店員1人。明るい色の木のコの字型カウンター16席。

Tanakasobaakihabara00Tanakasobaakihabara01中華そば専門 田中そば店 秋葉原店

『中華そば』 700円

筆頭基本メニューを注文。麺は軽く縮れた平打ち中太麺。具は薬味ねぎ、細切りメンマ、脂身の多いチャーシュー3枚。スープはまろやかな塩味。喜多方『坂内食堂』のラーメンの際限度は高い。このチャーシューの美味さもいいなぁ。満足出来た。こちらには山形赤味噌ラーメンというメニューもある。同じく田中商店のブランドである浅草『つし馬』では津軽ラーメンをやっているし、田中商店の店主はご当地ラーメンマニアだと見た。親近感を感じた。次回訪問は山形赤味噌を注文するとしよう。

ヨドバシカメラで思い切ってシュレッダーを購入し帰路に着いた。

« 筑波遠征 | トップページ | 矢向一丁 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉田中:

« 筑波遠征 | トップページ | 矢向一丁 »