カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 弘流翠葉 | トップページ | 筑波遠征 »

2012年5月18日 (金)

相模瓢帝

会社帰り約1年半ぶりに相模原駅に降り立つ。今日は落雷や地震等大荒れの日だったが、夕方には雨も止んで爽やかな風が吹く過ごしやすい気候になったので、いつものアイワールド前ラーメン店通りまで歩いて行く事にした。さらに歩いて、もう3年半前にもなるか、『らぁめん零』があった店舗へ到着した。この店舗は入れ替わりが激しいな。我が知る限り『満天屋』が『零』に変わり、その『零』も昨年初頭に閉店し、その後『汐見軒』という家系ラーメン店が入ったという。その『汐見軒』も昨年12月30日をもって閉店、結局行けず終いだった。そのいわくつきの店舗?先月17日、今度は北海道ラーメン店が居抜きでオープン。屋号は何と『瓢帝(ひょうてい)』という。え?もしかして愛媛の瓢系の店がとうとう首都圏進出か?と期待したが北海道ラーメン店だと言っている。店の構造は『零』の時とそう変わらないが内装は黒になって綺麗になっている。店舗隅に券売機。厨房には親父店主一人。L字型カウンター12席。先客ゼロ後客1人。

Menyahyoutei00Menyahyoutei01北海道 麺家 瓢帝 『味噌ラーメン』 550円

筆頭の味噌を注文。それにしても550円とは安いな。普通味噌って750円くらいするのに。逆にこの値段に不安を感じてしまった。すぐに提供された。麺は黄色い多加水ちぢれ中太麺。具は薬味ねぎ、もやし、ほうれん草、チャーシュー1枚。安いと薄いのではと警戒したが心配は杞憂に終わった。なかなかに味わいがあり満足出来た。

道路を渡り消防署の脇の並木通りを抜け駅の方へ戻る。昨年7月22日に開店した『麺屋 匠』に入店。ガラス張りの店舗。入口脇に券売機。内装は木の質感を出している。壁にこだわり等が書かれている。屋号もそうだがどことなくチェーン店のような感じ。店長厨房には店主ひとり。L字型カウンター12席くらい。先客1人後客2人。

Menyatakumisagamihara00Menyatakumisagamihara01麺屋 匠 『醤油ラーメン(麺かため)』 680円

筆頭は塩だったが新メニューと書かれているので醤油にしておいた。「麺はふつうでいいですか?」と聞かれた。おそらくかたさの事だと思ったので「かためで」と言っておいた。麺は中太ちぢれ麺。具はほうれん草、メンマ数本、巻バラチャーシュー1枚、海苔4枚。玉ねぎの角切りがたくさん入っていてうれしい。薀蓄に書いてあったが鶏白湯7、豚白湯3の割合のWスープ。味は家系に似ている。個性は足りないが結構おいしかった。

« 弘流翠葉 | トップページ | 筑波遠征 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/54742117

この記事へのトラックバック一覧です: 相模瓢帝:

« 弘流翠葉 | トップページ | 筑波遠征 »