カテゴリー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 春分休日 | トップページ | 一燈醤油 »

2012年3月23日 (金)

頑者拉麺

金曜夜。雨が降る中新横浜で下車しラーメン博物館へ。ラー博メールで『頑者』のラーメンが1か月間期間限定で発売との連絡があって興味をそそられたからだ。あまり来ないとまた年間フリーパスを腐らせてしまうし。という訳で入館し『頑者』店舗に直行。券売機の前に行列は出来ていない。食券を買い入店。先客4人後客7人。空いていた。食券を店員に渡し席について待つこと8分。バイトと思しき若い女店員が「ラーメンでーす」と我の前に丼を置いてから、クルッと背中を向け去りながら「お待たせしましたー」と言った。どっち向いて誰に言ってんだよ…。

Ganjyashinyokohama001Ganjyashinyokohama02頑者 新横浜ラーメン博物館店

『ラーメン』 800円

『頑者』だからって期待したけど見た目からして拍子抜け。あんまり綺麗じゃない。魚粉なんて最初からスープに浸されていて雑。麺はちぢれ太麺。具は薬味ねぎ、ナルト1枚、メンマ数本、海苔1枚、チャーシュー1枚。何て事はない魚介醤油ラーメン。『三ツ矢堂製麺』とかのとほぼ一緒。魚粉だけは良質なのか酸味がちょっと強めに出ていた。

『頑者』を出てすぐ向かいの『かもめ食堂』へ入店。初訪問時潮味を食べていたので今度は醤油を狙って入店。こちらも空いていて先客7人後客8人。

Kamomesyokudoushinyokohama00Kamomesyokudoushinyokohama02気仙沼 かもめ食堂 新横浜ラーメン博物館店

『気仙沼ラーメン 醤油味 ミニ』 550円

正統派醤油ラーメン。醤油の味わいと出汁の旨さ。ちぢれ細麺が懐かしさを呼び込む。ホっとした。『頑者』のラーメンよりは満足度高し。

帰りに新横浜駅ビルの本屋で本を購入し帰宅した。

« 春分休日 | トップページ | 一燈醤油 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/54291638

この記事へのトラックバック一覧です: 頑者拉麺:

« 春分休日 | トップページ | 一燈醤油 »