カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 夜中川亭 | トップページ | 新吉玉葱 »

2012年3月15日 (木)

富田訪問

久々に有給休暇を使用した。せっかくの平日なので未訪の行列店にでも行こうと思い、松戸の『とみ田』に狙いを定めた。我は松戸には全然縁が無く、経路を調べたら上野から常磐線に乗るのかと驚いたくらいだ。松戸駅から徒歩5分ほどで『とみ田』に到着。ちょうど朝10時半くらい。開店予定時刻から30分前だったのでちょっと早かったかなと思ったがその考え方は甘かった。既に30人くらいの行列が出来ていた。そして我が最後列についた時にちょうど暖簾が出された。でも結局30分以上行列は微動だにしなかったのでやっぱり30分後に開店したのだろう。ビルの谷間の日陰の場所だったのでとても寒かった。そんな中で結局90分待った。久々だなぁ90分待ったのは。学生は春休みに突入してたりしたんだなぁ。平日来た意味が無かったのでは?厨房には大勝軒スタイルの店員が男ばかり4人。厨房前にカウンター一列6席、窓際に4席。脇には小麦粉袋が積まれた製麺室があった。

Tomita00Tomita01中華蕎麦 とみ田 『特製中華そば』 880円

当初は普通の中華そばでいいやと思っていたが、90分待ったら体が冷えて腹減って思わず特製のボタンを押してしまった。味玉、チャーシュー3枚、海苔4枚が特製なのか。とにかく豚骨濃度が半端ではない。節の量も同等くらい濃厚。だから四角い太麺にものすごく絡んでくる。その濃厚さを中和すべく薬味ねぎの量も多い。メンマ、味玉の味が良かった。強烈な濃厚魚介豚骨。話題になるのは納得できたがそれでも魚介豚骨系なので驚きはないんだよなぁ。

とんぼ返りで松戸を去った。

« 夜中川亭 | トップページ | 新吉玉葱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富田訪問:

« 夜中川亭 | トップページ | 新吉玉葱 »