カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 東毛手延 | トップページ | 新宿武蔵 »

2011年12月30日 (金)

武蔵地麺

P1070702今年も残すところあと2日。本日は東京地麺掘り起し。武蔵野を代表する地ラーメンと言えば「油そば」。その元祖と言われる昭和33年創業の『珍々亭』へ、約5年ぶりの再訪を試みる事にした。

朝9時過ぎに家を出て横浜から新宿湘南ラインに乗り新宿へ出て中央線快速に乗り換えた。武蔵境駅に到着したのは10時20分頃。でも駅が改装中で迷路のようになっていて、北口に出るのに手間取った。今日も良い天気。畑がところどころ残っている武蔵野の町を歩く。目的の『珍々亭』に到着したのはだいたい開店予定時間15分前くらい。ちょっと早すぎたかなぁと思ったが、何と既に5人の待ち客がいた。急いでその後に並ぶ。我の後ろにも続々人が並ぶ。開店時にほぼ全ての席が埋まった。カウンター前に一列10席のカウンター席と4人がけテーブル席4卓。厨房には男の店員3人と女の店員2人。口頭で注文。

Chinchintei00Chinchintei01Chinchintei02珍々亭

『油そば(並)』 600円+『ネギ盛』 100円=700円

今流行の汁なし、スープOFFなどのフレーズで呼ばれるスタイルの原点。ほどなく家庭用のものが売り出され子供の頃好んで食べた記憶がある。ブームは周期的に訪れる。麺は茹であげられた太麺はもっちりした食感。具は薬味ねぎ、メンマ数本、ナルト1枚、チャーシュー1枚とラーメン具材と共通のもの。丼の底にあるタレに混ぜて食す。油そばというネーミングから連想されるようなギトギト感はない。味もマイルド。ちょっと物足りないくらいの方が油そばはいいのだ。卓上の酢や辣油で味を壊さない程度投入した。ボリュームもあり、混ぜる行為によるジャンク感も有り。大満足の完食。この店も本日で今年の営業を終える。年内に貴重な東京地麺の掘り起しが出来て良かった。

« 東毛手延 | トップページ | 新宿武蔵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/53606623

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵地麺:

« 東毛手延 | トップページ | 新宿武蔵 »