カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 胡椒蕎麦 | トップページ | 品川地麺 »

2011年12月16日 (金)

川崎頓挫

おとといの『天華』の「コショーそば」に並び、我の中で奇妙な存在として記憶に残っているメニューが川崎『萬楽』の「アホーメン」だ。それを求め会社帰り東神奈川から京浜東北線に乗り川崎へ到着。駅から徒歩10分ほど歩き『萬楽』に到着したのだが、何とシャッターが降りているではないか!特に貼り紙も貼られていない。定休は火曜だったはず。いったい何があったのか!あまりに想定外の出来事だったので、代替の店は単純に新店にしてしまった。以前『番家』という店があった場所に今月13日オープンした二郎系の店『スタミナラーメンTORIKO』だ。早速入店。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房前に一列のカウンター6席、2人がけテーブル席1卓、4人がけテーブル席2卓、6人がけテーブル席1卓。先客13人後客は続々。結果的に言うと注文してから30分くらい待たされた。とにかく回転が悪い。悪いには理由がある。まず異臭がした。煙草だ。奥のテーブル席にガラの悪い男共数名がビール片手にプカプカやっている。更に餃子なんかも出している。飲み客相手の店だ。場所がらしょうがないとは思うが、ならばメニューに二郎系ラーメンを出すべきではない。ただでさえ時間がかかるのに。まず煙草の時点でアウト。よっぽど店を出てしまおうかと思った。

Sutaminaramentoriko00Sutaminaramentoriko01スタミナらーめん TORIKO

『ガッツリスタミナ麺(全部のせ)』 650円

筆頭スタミナラーメン、料金も一緒だったので全部のせというものを注文。味は二郎でもやっぱりレベルは低い。更に麺が中太麺使用。二郎系からすれば細麺といっていいレベル。開店直後というハンデを付けたとしても味、手際共評価出来ない。

まさか『萬楽』にフラれるとは…。しばらくしてからの出直しとしよう。

« 胡椒蕎麦 | トップページ | 品川地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎頓挫:

« 胡椒蕎麦 | トップページ | 品川地麺 »