カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 八王地麺 | トップページ | 川崎頓挫 »

2011年12月14日 (水)

胡椒蕎麦

久々、本当に久々に18時頃に退社出来た。この機会を利用して品川駅近くにある『天華』へ約4年半ぶりの再訪する事を試みた。1店のみのオリジナルメニューで正確には地ラーメンではないのだが、強烈なインパクトと風格をもつ一杯「名物コショーそば」を再び味わいたくなったのだ。しかしながらこの店、土日祝定休、昼は2時間、夜は19時半前までの約2時間半の営業という異常な敷居の高さを持つ。町田から品川まで約1時間で辿り着けるのか?新横浜から品川まで新幹線を使うなんて馬鹿な事も頭をよぎったが、さすがにそれは止めておいた。長津田から田園都市線急行で渋谷に出てから山手線に乗り換え品川へという無謀なルート。品川到着は19時10分過ぎ。早足で港南口に出る。きらびやかで未来的なデザインの駅出口と対照的な、駅前の飲み屋街の細い路地。その中に『天華』の看板を発見!間に合った!早速暖簾を割り入店!…すると直前に女将が店から出てきた。入れ違いに我は入店。女将は暖簾を仕舞う為に出てきたのだ。我は間一髪、あと1秒でもタイミングが遅かったなら遥かな旅路が全くの無駄になっていただろう。本当に危なかった。厨房には店主老夫婦2人。厨房前に一列のカウンター9席。先客5人。『天華』本日のラストオーダーを我が口頭で行った。

Tenka00Tenkacosyou01天華 『名物コショーそば』 800円

5年前から50円値上がりしていた。名前も見た目も強烈なインパクト。比類なき奇怪な一杯だ。味の薄いタンメンに片栗粉で作った餡がかかってその上に豪快にコショーがかかっている。麺は柔らかめのちぢれ中細麺。具は白菜、豚バラ、モヤシ、菜っ葉、タケノコ等。最初味が薄いなぁと思ったが、やっぱり後半胡椒の味になってきた。胡椒の味を味わうってなかなかないからなぁ。老夫婦も年が年だし貴重な一杯だと思う。再訪出来て良かった。

« 八王地麺 | トップページ | 川崎頓挫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胡椒蕎麦:

« 八王地麺 | トップページ | 川崎頓挫 »