カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中山二郎 | トップページ | 宇都宮訪 »

2011年11月25日 (金)

海力一屋

会社帰り川崎まで足を延ばし「川崎ラーメンシンフォニー」へ。2店舗新店への入れ替えがあったようなので行ってみる事にしたのだ。3月に入ったばかりの『じゅ太郎』が早くも入れ替わり『海力屋』となった。店外食券機で券を購入し入店。漁港をイメージした内装。屋号が入った大漁旗が飾ってあったのだが、そこに「横浜ラーメンPARK」の文字があったのを見逃さなかった。要は同じ店の看板を取り換えただけだ。おぼろげな記憶だが店主も同じ気がする。

Kairikiyakawasaki00Kairikiyakawasaki01黒潮豚骨スープ 海力屋

『海鮮醤油ラーメン』 680円

筆頭基本のメニューを注文。若干独特の生臭さを感じるが『くにがみ屋』ほどではない。油多めの醤油スープはちょっと永福町系大勝軒っぽく、これならクセの強い鮪等の出汁も食べやすくなって良い。かための中細ちぢれ麺でスープによく合っている。具は薬味ねぎ、メンマ数本、大きめのナルト1個、チャーシュー1枚。美味しかった。それに気が付いたのだがラーメンシンフォニーにしては1杯の量が普通の量だった。

次は長い間ラーメンシンフォニーを牽引していた『めじろ』の跡に限定出店という形でオープンした『いちや』。まだ都内ラーメン巡り真っ最中の頃、江古田の本店に行ったなぁ。食券を買い着席した後結構待たされた。

Ichiyakawasaki00Ichiyakawasaki01中華そば いちや 川崎店 『中華そば』 680円

確か『がんこ』出身だったんだよなぁ。でも何か印象と違う。スープは確かにしょっぱさを感じるスープ。黄色いかための細麺。薬味ねぎ、メンマ数本、海苔1枚。ここまではがんこと一緒だが、スープに背脂は浮いておらずチャーシューはトロトロ巻バラではなく、鶏チャーシュー3個。ちょっと笠岡ラーメンっぽい。

川崎ラゾーナに寄ってから帰宅した。

« 中山二郎 | トップページ | 宇都宮訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海力一屋:

« 中山二郎 | トップページ | 宇都宮訪 »