カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 松山瓢系 | トップページ | 徳島拉麺 »

2011年11月 4日 (金)

徳島夜麺

縦横無尽に四国を駆け抜た。自分で立案しながら無謀な計画だったが、これが無事達成できた満足感に満たされた。100円パーキングから出た後カーナビに目的地が設定できなくなり焦ったが、何とか復帰出来てホッとした。カーナビが無かったら何にも出来なくなってしまうな。再び松山ICからひたすら徳島へ向かう。でも夜の高速は怖く、疲れもあったので途中2度ほどサービスエリアでトイレ休憩を挟んだ。徳島駅周辺に到着したのは夜8時半くらい。ホテルの地上駐車場は埋まっていたので仕方なく線路際の立体駐車場の方に止めた。疲れが肩にのしかかっている感じがするが、1店でも多く体験しておきたいのでホテルにも戻らず荷物を背負ったまま橋を渡り繁華街の方へ歩を進める。まず最初に入った店は昭和26年創業の老舗『銀座一福』本店だ。市内に暖簾分けが2店舗ある。内外装とも昔ながらの中華料理店といった風。厨房にもその店の雰囲気にぴったりの老夫婦2人。一列のカウンター4席、2人がけテーブル席1卓、4人がけテーブル席3卓、6人がけテーブル席2卓。先客ゼロ後客2人。

Ginzaippuku00Ginzaippuku01銀座一福 本店 『中華そば』 500円

基本筆頭メニューを注文。ビジュアルは普通の醤油ラーメンのようだが、もやしと豚バラの存在が徳島っぽさを醸し出している。麺は柔らかめに茹でられた細麺ストレート。具は薬味ねぎ、もやし、メンマ、豚バラ肉数枚。老舗らしく味も薄く麺もやわやわ。逆に徳島ラーメンの原型を味わえた事で良しとしよう。

やはり疲れがあるのでホテルのある駅前に戻った。この駅前に深夜までやっている店『麺王』駅前本店へ入ってみる事にする。昨晩行った『ラーメン東大』のセカンドブランド店で県内外で9店舗展開している。ご当地ラーメンスタイルそのままでチェーン展開しているなんて他に札幌・博多・京都・熊本ぐらいではないだろうか?店外入口に券売機。カウンター10席。2人がけテーブル席4卓。常に8割以上の入り。この立地だからなぁ。

Menouhonten00Menouhonten01徳島ラーメン専門店 麺王 徳島駅前本店

『徳島ラーメン(バリカタめん)』 480円

店のコンセプト徳島ラーメンと博多ラーメンの融合。元々豚骨寄りの『東大』系のスープに、博多系の極細ストレート麺。麺のかたさは食券機の段階で選択。具は徳島スタイル。薬味ねぎ、メンマ、バラ肉。コストパフォーマンスはいいんだけどやっぱりチェーン店的な味わいになってしまう。だいたいこの組み合わせをしておいて徳島ラーメンと謳っていいのかな?

すぐホテルに戻り温泉で汗を流しゆっくりと休んだ。

« 松山瓢系 | トップページ | 徳島拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳島夜麺:

« 松山瓢系 | トップページ | 徳島拉麺 »