カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 初秋来々 | トップページ | 味噌御花 »

2011年10月 1日 (土)

溝口小杉

疲労蓄積している体を引きづり休日タダ働きの為会社へ行った。午後3時ごろに会社を出る。中途半端な時間な為、当初予定していた小田急相模原行は諦め町田で食べる事にした。朝から何も食べていないので空腹だ。小田急町田駅から郊外の方にあった『唐香』が閉店、先月新しい店に変わったというので行ってみた。すると…「仕込中の為本日休業」の貼り紙が貼られていた。駅から結構歩いてきたのでガッカリ感も相当なものだった。仕方なく駅近くに戻り、今年6月に開店した『CHABUYA ZUTTO』へと向かった。『ちゃぶ屋』グループが出店したうまみそばなる油そばの専門店だ。ところが…何とちょうど昨日で閉店したという貼り紙が貼られていた。もう腹が減っているところでこのような事があるとなおさら頭に来てしまった。そこで何かのスイッチが入り、何が何でも新店巡りをしてやるとJR町田駅へ向かい、横浜線で長津田まで行き、田園都市線に乗り換えて何と溝口まで急きょ遠征してしまった。

駅のすぐ近くの東急田園都市線のガード下に昨日オープンしたばかりの『鶏の魚だしのつけめん哲』へ。『つけめんTETSU』の新ブランドらしい。近くに行ったら長蛇の列が出来ていてホントかよ、と思ったら隣に出来た『伝説のすた丼』の行列だった。えー!そんな行列して食べるものかー?と我も人の事は言えないな…。目的の店にも10人ほど行列が出来ていた。店員に食券を先に買ってから並ぶように言われた。入口の食券機で食券を買って列に並び結局20分くらい待つことになった。厨房には男ばかり店員が7、8人はいた。厨房前に変形一列のカウンター12席と奥に4人がけテーブル席2卓。

Tukementetumizonokuchi00Tukementetumizonokuchi01鶏と魚だしのつけめん哲 『中華そば』 700円

つけめんメインでも中華そば注文。つけめんより待たされるのはどういう事だ?最初見たとき間違えだろうと思ったくらいスープの量が少ない。角館『伊藤』にも似た魚介出汁スープにかために茹でられたストレート細麺。具は薬味ねぎ、めんま、油揚げ、チャーシュー1枚。スープは鶏をベースに煮干し、鯖、鰹のアラを使用したもので『伊藤』とは違う魚介の味わいで、麺はかためで美味しい。油揚げは余計かと思ったが結構いいかも。空腹状態だったので完食となった。

次は近くの『味輝拉』へ。4年半ぶりの再訪となるのだが今年から大幅リニューアル!何と宗家一条流がんこ八代目の看板を下し、今流行りの二郎系にシフトチェンジしたという。店外入口に券売機。食券を買ったとき1万円を使ったのだがおつりを取り忘れていた。危なかった。店の構成は変化はないと思う。厨房には中年女性1人。先客3人後客ゼロ。

Akira00Akira01大盛豚骨醤油ラーメン 味輝拉

『小ラーメン(ニンニク入油多め)』 600円

一見すると二郎のようだが、これは二郎テイストの別種のラーメンである事がわかる。麺は中細平打ちちぢれ麺。スープも家系っぽい豚骨醤油。具は茹でもやしと巻バラチャーシュー1枚。がんこ系に二郎テイストを加えるとこうなるという感じで、ジロリアンでなければ普通に美味しく食べられるラーメンだと思う。スープ以外は食べきれた。

今度は南武線に乗り換え武蔵小杉へ。今日はまだまだ食べ歩くぞ。目的店の夜の営業再開まで15分ほどあるので一度新丸子駅周辺に行って本屋などにより時間を潰す。ようやく時間になったので店に行くと暖簾がかかっていた。『ラーメン アカボシ』だ。以前は武蔵新城付近で『ラーメン明星』という屋号で営業していたらしいが、今年4月22日屋号を変えて移転オープンしたという。早速入店。入口脇に小さな券売機。内装はホーローの看板が貼られた昭和レトロ調。テレビもレトロなブラウン管。厨房にはねじりはちまきをしたおばさん1人。先客ゼロ後客1人。

Akaboshi00Akaboshi01ラーメン アカボシ 『黒醤油ラーメン(一郎)』 650円

黒醤油三兄弟と称して、基本の一郎、太麺こってりの次郎(二郎)、あっさりの黒中華そば(三郎)というメニュー構成が目を引いた。筆頭基本のメニューを注文。背脂が浮かぶ濃い色をした醤油スープ。麺はちぢれ細麺。具はもやしとキャベツの茹で野菜、海苔2枚、チャーシュー2枚。茹で野菜とニンニク風味が二郎を彷彿される。これも二郎系だと思って食べたら肩透かしを喰らうだろうが、オリジナルのラーメンとして食べる分には美味しく食べられた。

武蔵小杉の駅に戻り東急の駅の反対側に回り込んだ。駅出口の通路のところに8月210日にオープンした『越後つけ麺  維新』へ入店。名前からわかるとおり武蔵中原付近の『維新』と同じグループだ。入口に券売機。変形コの字型カウンター16席。厨房には店員3人。先客3人後客6人。

Echigotukemenishin00Echigotukemenishin01越後つけ麺 維新 『もち豚そば』 750円

筆頭のもち豚そばを注文。つけ汁は中原『つけ麺維新』と同じ胡麻がかかった豚骨スープ。豚肉が入っているのが違い。他に具は薬味ねぎと極太メンマの海苔1枚。カウンターでオススメの食べ方で麺だけを食べてみるという事が書いてあったので、やってみた。味はもちろん感じないけど食感をチェックするのにはいいなぁ。今後やってみよう。4店目だったけど問題なく食べられた。

帰りは東横線で帰路についた。とにかく疲れたので明日は休もう。

« 初秋来々 | トップページ | 味噌御花 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溝口小杉:

« 初秋来々 | トップページ | 味噌御花 »