カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 元住再夜 | トップページ | 独立勇麺 »

2011年10月15日 (土)

麺月幸樹

保険屋と打ち合わせをした後外出。蒔田からブルーラインに乗り湘南台へ。昨年11月に開店した『たっくんち』が1周年を待たずに閉店、その跡地に昨日新店が開店したというので行ってみた。屋号は『麺の月』。入口には開店祝いの花が飾られているものの黒塗りの引き戸等はそのままで、入口真正面に券売機が設置された以外は『たっくんち』時代と内装は変わっていない。厨房には店主と女店員2人。インターネット情報によると店主は座間の『龍の髭』、『麺屋万年青』、『大安食堂』での修行経験があるようだ。前後客ゼロ。

Mennotuki00Mennotuki01らーめん 麺の月 『塩らーめん』 630円

醤油もあったけど筆頭が塩だったのでそれを注文。じんわり旨みが伝わってくるあっさり塩スープ。麺はかために茹でられた四角いストレート細麺。具は青ネギの小分け切り、揚げネギ、極太メンマ、海苔1枚、巻バラチャーシュー1枚。『龍の髭』の影響を受けた一杯だと判る。揚げネギが香ばしくいい味出している。これは我好みの一杯だ。スープ飲み干し完食マークを出した。ただ開店日翌日の正午に前後客ゼロは前途多難な感じだ。

次は駅から更に郊外の方に歩を進める。今月1日に京都から関東初進出した『ラーメン幸樹(こうき)』を訪問する為だ。『魁力屋』『来来亭』に後塵を期した形になる『ラーメン幸樹』。ライバル店の動向をチェックして慌てて「ウチも関東に打って出なくては!」となったんじゃないかなぁ?良い意味で競い合っている感じがして好感が持てる。でもなんで神奈川中央部郊外に集中するのかね?店前に駐車場を完備し大きな看板があるのは京都の伝統なのだろうか?黒い小屋のような内外装。入口脇に券売機。厨房には男の店員4人。L字型カウンター9席と4人がけテーブル席3卓。ライバル店の店舗に比べるとだいぶ小さい。家族連れの来店が相次ぎ回転率が悪くなって厨房は戦争のようになっている。店主は経験豊富な人らしく機転をきかせて店員を動かしているのが印象的だった。我は1人だったので先に通してもらえた。後客は店外で待ちとなった。

Ramenkoukisyounanndai00Ramenkoukisyounanndai01

ラーメン幸樹 湘南台店

『特製ラーメン(麺かため・ネギ多め)』 700円

筆頭メニューである特製ラーメンを注文。麺はかために茹でられた細麺ストレート。具はバラ肉と海苔1枚、スープは背脂豚骨醤油。ここまでは他の京都からの進出店と同じだがスープに魚介出汁がプラスされているのがこの店の特徴。食べてみての感想は、魚介はそれほど印象に残らず、あっさりの方がいいのではと思う。

« 元住再夜 | トップページ | 独立勇麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺月幸樹:

« 元住再夜 | トップページ | 独立勇麺 »