カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 麺月幸樹 | トップページ | 中区純連 »

2011年10月16日 (日)

独立勇麺

『せたが屋』の駒沢本店と鶴見店の店主を務めた人が独立し、川崎駅と八丁畷駅の間に今月11日出店したというので行ってみる事にした。京浜東北線に乗り川崎には11時頃到着した。今日は青空で場所としては『三三七』の方にあるというのでそちらに向かったのだが勘違いしてしまい、同じ道を行ったり来たりしてしまい結局目的の店に到着したのは20分後だった。屋号は『らーめん 勇(ゆう)』。店前に7人の待ち。15分くらい待って入店。細長いコの字型カウンター10席と2人がけテーブル席2卓。

Ramenyuu00Ramenyuu01らーめん 勇

『醤油らーめん』 500円(オープン記念価格)

本日までオープン記念でメインメニューは全て500円。メインメニューは醤油、塩、勇らーめん、つけめん。屋号を冠した勇らーめんとは二郎系なので味が想像出来てしまうので筆頭の醤油を注文。煮干しの味わいと醤油の旨みが良く出たバランスのいいスープ。表面には魚粉が浮いた。具は薬味ねぎ、メンマ、海苔1枚、炙りチャーシュー1枚。独立した店なので『せたが屋』との共通性はあまり感じなかったがレベルはさすがに高かった。

帰りに『浜崎家』という未訪の店を狙ったがシャッターが閉まっていた。近くに『だるま屋』という豚骨醤油ラーメン店があったが、チェーン店の様子だったのでスルー、駅へと戻った。

« 麺月幸樹 | トップページ | 中区純連 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独立勇麺:

« 麺月幸樹 | トップページ | 中区純連 »