カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 津軽地麺 | トップページ | 青森地麺 »

2011年9月23日 (金)

青森夜麺

ホテルで仮眠を取った後7時頃再出撃。ホテルから歩いて1分ちょっとのところに老舗の『マル海ラーメン』を発見。2階建ての建物の1階スペースは駐車場になっておりその奥に店舗がある。早速入店。煮干しの匂いがプンプンする。ガラス張りで全く飾り気のない店内は簡易テーブルとイスのセットが12卓くらい置かれている。厨房には男の店員2人と会計係のおばちゃん1人。客層はサンダル掛けで寄ったって感じの家族連れやおっちゃん、おばちゃん等10人くらい。メニューはラーメンの大か中しかないので、どちらかを告げて勝手に好きな席に着席。客の出入りは多い。何となく博多の長浜屋に通じるような風通しの良さを感じた。

Marukai00Marukai01_2マル海ラーメン 『醤油ラーメン(中)』 550円

煮干し出汁のあっさり醤油スープに中細麺が泳いている。具は薬味ねぎ、メンマ数本、あっさりチャーシュー4枚。醤油と煮干しで味が濃いめだけどあっさりしている古典的中華そば。こういう麺は我の好みのひとつである。店の着飾らない雰囲気も含め満足した。ようやく本当の意味で地元に根付いた店に入れた感じがした。

しばらく駅前商店街をぶらつく。本屋で長い間立ち読みし結局2冊も買ってしまった。そして本日最後に行くは『味の札幌 大西』という札幌系の店だ。何故にそんな店に寄ったかというと、この店のオリジナルメニューがもうひとつの青森ラーメンとして脚光を浴びはじめているからだ。それは『味噌カレー牛乳ラーメン』。B級感丸出しのメニューだが、すでにカップラーメン化されているのを食した事がある。こういうのが出てくると俄然地方遠征に行きたくなってしまうんだよなぁ。早速入店。奥に長い店内。入口でジャージ姿の学生が席待ちをしている状況。厨房には若い男の店員とおばちゃん店員の2人。見たところ普通の年季の入ったラーメン店のような感じ。神保町のラーメンエイトに似ているかな?厨房前に一列のカウンター10席。8人がけテーブル席1卓、座敷には8人がけテーブル席が2卓。客のほとんどが学生で学生証を見せて割引してもらっていた。口頭で注文。

Ajinooonishi00Ajinooonishi01味の札幌 大西 本店

『味噌カレー牛乳ラーメン(バター入)』 780円

選んだメニューはもちろんコレ。問答無用でバター入り。まずスープを一口。順番で言うとまずカレーの風味が来て、次に牛乳のコク、後味に味噌の味。元々我は牛乳を使ったラーメンが好きなのでそれに良く合う味噌ラーメンに使用されれば鉄板だ。ただ意外とカレーの印象が強かったのが食べてみて初めて判ったこと。麺は札幌らしく黄色い多加水中太ちぢれ麺。具はもやしとメンマ、乾燥わかめ、チャーシュー、バター。乾燥わかめは本当に余計だった。青森新名物。でもこれは関東でも普通に広まっていいメニューだ。とにもかくにも本場で食べられて良かった。

途中コンビニでチューハイとさきいかを買ってホテルに戻る。風呂に浸かってサッパリした後ひとり一杯。旅はいいなと実感した夜だった。

« 津軽地麺 | トップページ | 青森地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森夜麺:

« 津軽地麺 | トップページ | 青森地麺 »