カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 大和鐙麺 | トップページ | 冷夏目黒 »

2011年8月20日 (土)

隠永福系

大和から2駅目の三ツ境で下車した。駅南口から徒歩1分のところにあった『麺屋浪花節』。震災当日、帰宅難民と化した我が途中で入店した思い出がある店だったが、昨日『梶』という店に変わったというので行ってみた。店の構造は変化なし。入口の券売機で食券を買って着席。厨房には男の店員3人。先客9人後客5人。

Kaji00Kaji01らーめんの店 梶 『醤油らーめん』 650円

醤油、味噌、塩の3味がある。筆頭の醤油を注文。表面がラードに覆われた熱々のスープ。煮干しの香りが強い。これはまぎれもなく永福町大勝軒系のラーメンだ。だけど麺は加藤製麺を思わせる黄色い多加水ちぢれ中太麺。具は刻みネギ、メンマ数本、ナルト1枚、チャーシュー1枚。でも作っている時おもむろに「煮干しスープ」と書かれた銀色の袋を鍋に入れていたのを見てしまった。スープは出来合のものだったんだなぁ。なるほど味噌と塩等北海道ラーメンと共通で麺を使い、スープだけは業務用で永福町か。何だか残念な現実をみてしまった。

« 大和鐙麺 | トップページ | 冷夏目黒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠永福系:

« 大和鐙麺 | トップページ | 冷夏目黒 »