カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 函館地麺 | トップページ | 七代啓介 »

2011年8月28日 (日)

五代啓介

昨年11月、六代目けいすけ訪問時「あれっ?五代目は?」と思ったら今頃五代目がオープンしたというので行ってみた。場所は新宿ルミネEST7階。函館遠征翌日なので午前中は家でブログ書き。昼過ぎにようやく外出。京浜東北線で品川まで行き、山手線に乗り換え新宿へ。東口改札を出てすぐのところにルミネESTのエレベーターがあり、それで7階まで移動。エレベーターを出てすぐのところに『五代目けいすけ』があった。店前に10人以上の行列があり20分ほど待つ。待っている間に注文を聞かれた。店員は男女合わせて4人ほど。カウンター5席。2人がけテーブル席4卓、4人がけテーブル席3卓。

5daimekeisuke005daimekeisuke015daimekeisuke02塩逸品 五代目 けいすけ

『塩らーめん 琥珀』 780円+『大人の燻製味玉』 100円

五代目は塩。あっさり味の琥珀とこってり味の白湯。どこどこの塩を使用しているというのはどこでも見るが、最先端を走るけいすけはそれで終わるわけがない。蓋でスモークを閉じ込めて香りを楽しませるという趣向。それで奇妙な蓋が付いているのか。このスモークも曜日によって変えていて本日はウィスキーオーク。正直言って良く判らない(笑)。表面は鶏油に覆われている美しいスープ。昆布と鰹節と鶏油が多く使われていて美味しいのだが、もはや塩とは言い難い複雑な味。どちらかというと鶏白湯に近い感じ。麺は中細ストレート麺。具は刻みネギ、水菜、穂先メンマ、チャーシュー1枚。トッピングの味玉は確かに燻製の香がする。

« 函館地麺 | トップページ | 七代啓介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五代啓介:

« 函館地麺 | トップページ | 七代啓介 »