カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 七代啓介 | トップページ | 桃木塩浸 »

2011年8月29日 (月)

野郎本店

平日休暇日。昨日に続いて秋葉原に出向いて用事を済ませた後神田に移動。先日横浜ワールドポーターズに出来た『大ふく屋』の夜限定メニュー、野郎ラーメンを食べられなかった事が記憶にあったので、どうせなら本店に行ってやろうとやって来た。黒字に黄色い文字の看板。店外に券売機があり食券を購入した後暖簾を割ろうとすると満席だと言われ5分ほど待つ。後客も来た。ようやく1席空いたので着席。すると後客2名に「地下にどうぞ」と言って案内した。何だよ地下があるのに何故満席と言った?厨房には男の店員3人。厨房前に奥に伸びる一列7席のカウンター席。暗くて狭い。

Yarouramen00Yarouramen01野郎ラーメン 神田本店

『野郎ラーメン』 680円

今や何の目新しさも感じない二郎インスパイア系。またかという感じだったが、こちらは茹で野菜ではなく炒め野菜になっているので香ばしさが出てちょっと違う。スープは二郎っぽい背脂が浮く豚骨醤油味。麺は細めの印象を受ける太麺。かために茹でられている。炒めもやしの上には唐辛子があらかじめかかっている。チャーシューブロックが数個入っている。卓上から刻みニンニクと、味を濃くするパンチ汁を投入。結局個性は炒めもやしくらいで味はよくあるモノマネ二郎系。せたが屋グループというのは特に感じるところは無かった。

« 七代啓介 | トップページ | 桃木塩浸 »

コメント

普通にうまいよね

ここの一番オススメは汁無し野郎ですよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野郎本店:

« 七代啓介 | トップページ | 桃木塩浸 »