カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鶴見絶屯 | トップページ | 哲麺開店 »

2011年7月30日 (土)

中原維新

本日も天候が不順という予想。夏だから湘南方面に行こうかと考えていたが、予定を変更して久々に川崎市方面へ行ってみる事にした。みなとみらい線に乗って武蔵小杉まで行って南武線に乗り換え1駅、武蔵中原で下車。約2年ぶりの訪問となる。南口から道路沿いに南下し徒歩約2分くらい。昨年8月26日にオープンしたという『博多維新』なる南武線ガード下に店舗を構える店に到着。『三崎市場』というマグロ丼チェーンを展開している会社が経営母体だという。大井町にも同名の店を出店している。入口は2段構えになっており入口にある券売機で食券を買ってから客席に入る。結構広い店内。厨房には眼鏡をかけた男の店員2人と女の店員2人。L字型カウンター15席くらいと4人がけテーブル席6卓くらいか。先客は8人後客7人。

Hakataramenishin00Hakataramenishin01らーめん 博多維新 武蔵中原店

『豚骨清湯らーめん(バリカタ)』 580円

豚骨清湯スープと豚骨白湯スープの2本立てのメニュー構成。豚骨清湯の方が上にあったので、その基本のラーメンを麺バリカタで注文。スープは澄んだ色をしたさっぱり醤油味。麺は極細ストレート。具は薬味ねぎ、もやし、メンマ数本、チャーシュー1枚。辛味味噌も添えられている。全然博多ラーメンではなかったが、口当たりがさっぱりして極細麺だったし意外と美味しかった。600円切る価格設定もうれしい。辛味味噌は中央に置かれていたので自然と溶けてしまい、辛味醤油スープになってしまったのがちと残念。

再び駅に戻り今度は中央改札口へ。駅構内改札脇という良い立地に今年2月9日にオープンしたという『つけ麺 維新』があった。屋号からも先の『博多維新』と同グループの経営である事は明らか。店外入口脇に置かれた券売機はsuicaが使えるタイプだったので驚いた。suicaを使用して食券購入。早速入店。厨房には男の店員2人と女の店員3人。中央にコの字型カウンター12席と壁側に一列6席のカウンター席。場所柄客の入れ替わりが激しく常に8割以上の席が埋まっていた。

Tukemenishin00Tukemenishin01つけ麺 維新 『つけとん(並)』 730円

こちらも豚骨白湯のつけとんと豚骨清湯のつけ麺の2本立て。何故かこちらは白湯が筆頭メニューだったのでつけとんの並を注文。たれの味が強く出ている豚骨つけ汁。薬味ねぎと角切りチャーシュー、海苔1枚。コシの強い麺はストレート太麺。極太メンマが3本添えられている。豚骨つけめんは意外と美味しいかもしれない。

店を出て駅ビルにある本屋とダイソーに行って買い物をして帰宅した。

« 鶴見絶屯 | トップページ | 哲麺開店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中原維新:

« 鶴見絶屯 | トップページ | 哲麺開店 »