カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大口手打 | トップページ | 浅間羽羽 »

2011年7月16日 (土)

長後味噌

3連休初日。強烈な夏日。ブルーラインで湘南台に出て小田急へ乗り換え長後へ。ここは約3年半前に『能登山』や『鐙壱番』に訪問して以来だ。駅から歩いていてその時の事が思い出された。駅付近に『初代麺喰』という店があるという情報で探したが既に閉店していた。藤沢街道に出てから北上する。しばらくすると黄色い看板と北海道味噌と書かれた幟が現れた。本日の目的店北海道らーめんの『零一壱』だ。昨年7月30日開店。屋号の意味は札幌市の市外局番。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人とおばちゃん店員1人。結構スペースに余裕のある店内。L字型カウンター8席と4人がけテーブル席2卓。先客3人後客2人。

Zeroichiichi00Zeroichiichi01北海道らーめん 零一壱

『純正白味噌らーめん』 750円

味噌、醤油、塩とメニューは多彩だが、やはり筆頭味噌を注文。ラードがたっぷりの白味噌スープ。真夏に味噌は辛いなぁと思っていたが、実際だべてみるとこのスープは美味しく感じた。麺は西山製麺の多加水黄色いちぢれ麺。具はもやし、キャベツ、ニンジン等の炒め野菜。いい感じで炒められいい感じでくたくた。それでいて薬味ねぎはシャキシャキした食感。味噌ラーメンには珍しく大き目のチャーシューが2枚。インパクトは無く普通の味噌ラーメンでありながら、美味しい。安定感を感じ好印象。満足。

店を出て今度は逆に藤沢街道を南下。長後駅を超え一気に湘南台へと向かう。風はあるものの真夏の炎天下に国道沿いを歩くので。熱中症防止の為に昨日購入したマジックタオルで頭を覆って歩いた。次の店は『とんこつらーめん風や』。しかし看板はあったものの店は閉められてしまっていた。これだけ歩いてきたのでショックではあった。諦めて湘南台へ向かった。途中コンビニでソフトクリームを買って涼をとりつつ駅へと向かった。

« 大口手打 | トップページ | 浅間羽羽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長後味噌:

« 大口手打 | トップページ | 浅間羽羽 »