カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 座間鬣家 | トップページ | 茅崎新店 »

2011年5月 8日 (日)

相模野麺

海老名から相鉄線に乗って2駅目、さがみ野で下車。初めて降りる駅だ。この辺りは座間市、綾瀬市、大和市、海老名市の堺に近いが、ここは海老名市になるんだな。駅前はバス停があるくらいでバスは止まっていない。商店街もない。小さな道路沿いにパチンコ店や飲食店が少しある程度。完全にベットタウンだが、もうちょっと何とか出来なかったのか相鉄グループといった感じ。駅前の道路を渡ってすぐ、白いビルがあり道路側から奥に入っていく。1Fには地味に飲食店が並んでいる。マルちゃん横丁飲食街というらしい。その奥から2番目に今日の目的店『博多どんたく』がある。飾り気のないガラス張りの入口に白い暖簾がかかっている。暖簾を割り入店。雑然としていて昔ながらのラーメン店といった感じ。厨房には熟年夫婦と思しき男女2人。厨房前に一列のカウンター10席、4人がけテーブル席2卓。先客10人後客4人。

Hakatadontaku00Hakatadontaku01ラーメン・餃子 博多どんたく

『博多ラーメン(バリカタ)』 650円

ここの名物は規格外の野菜がのるちゃんぽん。小小小ちゃんぽんが普通のものでどんどん増量されて普通を頼むととんでもないボリュームで出てくるようだ。ところがこちらはラーメン食べ歩きで来店しているので筆頭の博多ラーメンをバリカタで注文。豚骨臭はないあっさりとした豚骨スープ。麺は極細ストレートだが通常の博多ラーメンに比べ量が多い気がした。普通スープの上に麺が顔を出すという事はないよな。青ネギの小分け切りと大き目のチャーシュー2枚、海苔1枚。卓上から紅ショウガ投入。コストパフォーマンスは良い店だ。

駅に戻り相鉄線に乗って横浜に出て帰宅した。

« 座間鬣家 | トップページ | 茅崎新店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模野麺:

« 座間鬣家 | トップページ | 茅崎新店 »