カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 鶴見家系 | トップページ | 帰宅難民 »

2011年3月11日 (金)

震災帰宅

時刻は15時の少し前。大きな揺れを感じたがゆらゆらとしたものだったので震源地は遠くすぐ収まるだろうと思い仕事を続けていた。ところが一向に揺れが収まる様子がないので、社員全員が社屋の外に一時避難した。しばらくすると収まったのでまた職場に戻り仕事を再開しようとしたが、またもや大きな揺れを感じまた社屋の外へ避難。3度これを繰り返したところで、トップ判断で本日の業務を終了し帰宅するよう指示があった。ところが我は外注先へ仕事を依頼していたので、外注が来社するまで帰宅する事が出来ない。しばらくして外注はちゃんと会社に来てくれた。こんな事態なのにわざわざ会社へ来てくれた外注へは感謝するしかない。だから荷物の積み上げ等を手伝ってから退社した。他の社員はほとんどが退社しているというのに何だかヒドイ話だよ。とりあえずはJRの最寄駅に向かう。地震発生時から携帯電話は回線不通で使い物にならなくなっているのでほとんど情報が入らない。震源地はどこなのか?自宅のある横浜の方はどうなのか?津波にやられていないのか?家族は無事なのか?ともかく最寄駅に到着すると、ちょうど駅に電車が停車していたので電車の中で運行再開をじっと待っていた。しばらくすると保温の為ドアを閉めてくれたので電車は暖房が入っていて暖く助かった。しかし1時間くらい待った辺りで「本日の運行を取りやめ駅を閉鎖する」という放送が入り電車の中から追い出される事になった。どうすればいいのか?とりあえずバスがよく通りそうな町田街道まで歩いてバスに乗り町田駅に向かう事にした。JRが全線不通となれば町田駅に出て小田急を頼りにするしかなかった。

で、日の暮れた町田駅に到着すると様子がおかしい。辺り一帯ほとんど店の明かりが落ちているのだ。停電だ。事態はライフラインにまで及んでいるのか?遠い震源地は大変な事態になっているだろうことは予想できたが、揺れの規模からして首都圏ではそれほど大きな被害はないだろうと安心していたのでかなり驚いた。でも駅の方に向かうと電気もついていた。でも小田急の駅は改札前で床で座り込んでいる人達で一杯だった。冷静に考えてみればJRも不通なら私鉄も不通になるだろう。街頭モニターでようやく今回の震災の規模を知る事となる。震源地は宮城と茨城。マグニチュード8.8。とうとう起こった大震災。公共交通機関は全線不通で再開の予定は無いという。唯一通じているらしい公衆電話に大行列。バスも大行列。中にはショックで路上で倒れている人もいた。非日常の時間が始まったのだ。不謹慎だけどワクワクしてきてしまった。もうこうなったら歩いて横浜まで帰るしかないだろう。ならばまずは腹ごしらえ。幸い駅付近の店は営業していた。いつもの習性でラーメン店を探してしまう。『やまいち』の提灯が目に入ったので入店。入口に券売機。L字型カウンター12席。厨房には親父店主一人と女店員一人。先客3人後客3人。口頭で注文。

Yamichi02 支那そば やまいち 『支那そば』 700円

筆頭基本の支那そばを注文。結構待たされた。やや甘めを感じる醤油スープ。麺も細麺ストレート。具は薬味ねぎ、水菜、メンマ数本、半味玉、海苔1枚、チャーシュー1枚。日本そばを食べている感じもして本当に支那そばという感じだった。チャーシューが美味しかった。

« 鶴見家系 | トップページ | 帰宅難民 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災帰宅:

« 鶴見家系 | トップページ | 帰宅難民 »