カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 雪休前夜 | トップページ | 如月藤沢 »

2011年2月12日 (土)

雪伊勢原

昨日は予報通りの雪。たまらず家に引き籠もって一歩も外出しなかった。それはそれで幸せな事かも知れないが、やはり3連休だとういうのにもったいない。今日も雪が降るという予報だったが朝の段階では降っておらず、たまらず出発。横浜から相鉄線に乗り海老名で更に小田急線に乗り換えた。降りたのは伊勢原駅。駅北口から適当にバスに乗ったのだが、やっぱり適当は良くない。微妙に違う方向に進んだので即下車。粉雪が舞う中1Km近く歩いて246沿いの目的の店に到着。屋号は『麺食堂 杜屋(もりや)』。何と「渡なべ」直営の店。この店が出来る前は同じ渡なべ系の『基』伊勢原店だった。昨年11月12日に味噌専門店のこの店に変わった。店に到着した時はまだシャッターが降りたまま。この雪の中凍えながら待つのは辛いなぁと思ったが、1分弱で開店してくれた。早速入店。店内隅に券売機。まだ通電してなかったので電源を入れてもらい券を買った。厨房には男の店員2人。J型カウンター12席と座敷席があるようだ。前後客ゼロ。

Mensyokudoumoriya00Mensyokudoumoriya01麺食堂 杜屋 『白味噌タンメン』 750円

味噌味の濃さ、ニンニクの風味、豚骨のコクを十分感じるスープ。麺は平打ちちぢれ麺。挽肉の旨み、クタクタになるくらい柔らかくなったキャベツ、しゃきしゃきのもやし、甘みがあるコーン、コリコリきくらげ、脂身の多い柔らかチャーシュー。我が求める味噌ラーメンの形そのものと言っていい一杯だった。美味い!文句無しの完食完飲。

店からは歩いて駅に戻った。相変わらず粉雪舞う寒い空気のはずなのに、白味噌タンメン完食で汗が出ている状態だ。踏切を超えて駅前の東急ストアへ。途中本屋を冷やかした後5階に向かう。そこには今月6日にオープンしたばかりの『北海道らーめん 魚らん坂』がある。本店は東京高輪にあり数店舗チェーン展開しているという。店入口にはガラスケースにメニューサンプルが陳列されている。スーパーのレストランコーナーそのまんまだったので入るのに躊躇したが結局入店。4人がけテーブル席6卓と12人がけテーブル席が2卓。口頭で筆頭メニューを注文。

Gyoranzaka00Gyoranzaka01 北海道らーめん 魚らん坂 伊勢原店

『味噌らーめん(麺かため・味濃いめ)』 680円

麺のかたさと味が調節出来た。白味噌ベースの至って普通の味。麺は黄色いちぢれ中太麺。ザンギリネギとメンマ数本、わかめ、チャーシュー1枚。先ほど理想の味噌ばかり食べたばっかりなので、そのギャップで残念な気持ちになった。特にワカメとメンマが味噌に合わない。でもフォローするわけではないが、実はそんなに悪い味噌ラーメンではなかったと思う。我が食べたタイミングが悪かったのだと思う。

帰りは同じ順序で横浜に戻り買い物をしてから帰宅した。

« 雪休前夜 | トップページ | 如月藤沢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪伊勢原:

« 雪休前夜 | トップページ | 如月藤沢 »