カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日吉壱七 | トップページ | 紬麦一花 »

2011年2月 4日 (金)

白楽壱九

日吉から横浜へ戻る途中白楽で途中下車。昨年10月19日にオープンしたばかりの『朱家』が早くも店を閉じて新しい店が出来たというので訪問だ。屋号は『壱九家』。六から九まで登場した事になる。店外に券売機があったが今時500円玉が使えないってどういう事?店の構造は『朱家』時代と同じ。でも店の広告やメニュー写真に別のコンサルが入った感じ。厨房には男店員2人と女店員1人。露骨なカタコト日本語。中華な雰囲気。先客2人後客1人。

Ichikyuuya01横浜家系ラーメン 壱九家  『塩ラーメン』 580円

店長イチオシの塩を注文。こちらもライスは無料だったが2杯目だったし遠慮した。好みは聞かれなかったし、店内もそのような表記が無い。中国人系家系店はこういうのが嫌だな。『朱家』時代は家系ですらない豚骨醤油系だったが、こちらはもう完全に壱六家系の豚骨主体のスープ。麺は平打ち太麺。具は薬味ねぎ、ほうれん草、海苔3枚、チャーシュー1枚、半味玉1個。『朱家』よりましにはなってはいた。でも再訪する気にはなれなかった。

« 日吉壱七 | トップページ | 紬麦一花 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白楽壱九:

« 日吉壱七 | トップページ | 紬麦一花 »