カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 黄金三号 | トップページ | 白丸原店 »

2010年12月30日 (木)

銀座牛骨

昨日は大掃除の為外出しなかった。奮発して購入したハイスペックPCの設定等もある。掃除はまだまだ終わらず年末年始の休みは大掃除で終わりそうだ。それでも電気製品付属品がまだ必要なものが残っていたので午前中に家を出た。外出するからには今年のラーメン食べ納めでもしようかと考えた。結局ラーメン優先となって、前から気になっていた銀座の『香味徳(かみとく)』に行ってみる事にした。有楽町には駅前にビックカメラもあるからちょうどいい。京浜東北線1本で有楽町に到着。銀座一丁目方面へ歩を進める事8分ほど。目的の店を発見。今年のラーメン界でちょっとした潮流になっている牛骨ラーメン。この店はもそうの一つなのだが少し意味合いが違う。何と鳥取を中心とした山陰地方では牛骨ラーメンが食べられていて、この店はその東京進出店だというのだ。まだまだ知らない地ラーメンというのがあるものだ。早速入店。開店予定時刻から5分ほど経った後の入店だったが先客無し。おそらく我が本日最初の客だったと思う。入口に券売機。奥に長い狭い店内で奥に厨房があり若い男の店員が2人。ロック系のBGMが流れている。一列のカウンター11席。白と黒の内装。後客5人。

Kamitoku00Kamitoku01牛骨ラーメン 香味徳

『香味徳ラーメン(麺かため)』 700円

屋号を冠した筆頭基本メニューを注文。澄んだ牛骨白湯スープ。淡い醤油も入っているがあまり目立たない。牛骨独特の甘みを感じる。そこに胡椒がかかっている。麺は角ばった玉子細麺。具は薬味ねぎ、水菜、メンマ数本、半味玉、脂身の多いチャーシュー1枚。完成度の高い一杯だった。鳥取にも行かなきゃかな?寒い日に体を温める事が出来た。

帰りにビックカメラに行ったが目的のものは十分に揃える事はかなわなかった。

« 黄金三号 | トップページ | 白丸原店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座牛骨:

« 黄金三号 | トップページ | 白丸原店 »