カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 湯沢長寿 | トップページ | 秋田夜麺 »

2010年10月 9日 (土)

十文字麺

湯沢より二駅戻って十文字駅で下車。ここは秋田で有名なご当地ラーメンの十文字ラーメンのある土地。煮干しや鰹節で出汁を取ったあっさり醤油スープと、かんすいを使わないちぢれの強い細麺、具に麩が入っているのが特徴。中でも代表的な3店を食べ歩く予定だ。早速出発したが食べ歩き遠征でお決まりの方向違いを連発してしまった。まず元祖十文字ラーメンの『マルタマ』を目指して歩いていたつもりが何故か次の目的店『丸竹食堂』に到着してしまったり。でも初志貫徹しようと『マルタマ』を目指したらてんで方向違いに歩いてしまったり。結局駅を出てから1時間後にようやく目的の店『マルタマ』に到着出来た。昭和10年創業。70年以上の歴史を持つ十文字ラーメンの元祖。店内はテーブル席のみの大きい食堂のようだ。2階席とかもありそう。内装は蕎麦屋のよう。厨房は奥にあり見えない。先客は4人のみ。後客ゼロ。料金先払い。近くにあったマンガを読んでラーメンを待っていたらすぐ提供された。

Marutama00Marutama02 元祖十文字中華そば マルタマ 『中華そば』 500円

基本の中華そばを注文。他に中国ラーメンなるメニューがあり気になった。登場した一杯は実に美しい。鰹節の淡い味わいのスープとやや茶色みを帯びたチリチリしたちぢれ細麺は食感はシコシコとしている。具は薬味ネギ、メンマ数本、かまぼこ1枚、海苔1枚、お麩1個、あっさりしたチャーシュー2枚。絵にかいたような十文字ラーメン、最初から堪能出来て満足した。

続いて先ほど誤って到着してしまった『丸竹食堂』へ。迷わずこれたので徒歩8分くらいで到着。こちらも町の食堂といった雰囲気。4人がけテーブルが7卓くらい。厨房は奥にあり見えない。おばあちゃんが接客だ。先客2人後客ゼロ。口頭で注文。

Marutakesyokudou00Marutakesyokudou01丸竹食堂 『中華そば』 500円

こちらも優しいラーメンだ。鰹節スープと言っていいんじゃないかと思うような、じんわり出汁の効いた透明度の高いスープ。ちぢれ細麺は食感が独特だなぁ。具は薬味ネギ、かまぼこ1枚、お麩1個、長方形の海苔1枚、小さなさっぱりチャーシュー2枚。十文字ラーメンは鰹節ラーメンなのかという気がしてきた。

店を出た時はもうかなりの雨脚の強さだった。仕方なく折りたたみ傘を出した。さて最後の『三角そばや』を目指したが、これも遠征恒例で突発的にトイレに行きたくなってしまった。前方に白く明るい建物があったのでスーパーかと思い、トイレを借りようと近づいてみると何と十文字駅だった。何故か駅に戻ってきてしまった。でもこれは幸いでトイレに直行。用を足した後ちょっと考えた。単純な街並みなのに何故か今日は頭の中のコンパスが狂いっぱなしだ。完全に日が沈んで雨脚も強くなってきたので、弱気になってタクシーを使う事にした。約10分ほどで店に到着。990円也。帰りは歩いて戻る事を想定していたので、タクシーの車窓から道のりを覚えた。さて『三角そばや』に乗り込む。国道沿いの大きな店舗のこちらは本店。横手と湯沢に支店があるそうだ。中も広くテーブル席主体で座席数も多い。2階席もあるのかな?しかし先客は数名しかいなかった。後客もゼロ。厨房も奥にあり見えない。口頭で料金先払い。

Sankakusobaya00Sankakusobaya01 名代三角そばや 本店 『三角中華そば』 650円

三角中華そばの並と大盛しかメニューがない。前の2店と比べるとスープが醤油の色が濃い。味も鰹節というより煮干出汁の強めな感じがする。麺はちぢれ細麺で食感は一緒。具は他の店ではかまぼこだったのに、こちらではナルトになっている。店の雰囲気もラーメンも素朴さは感じられず、値段的にもちょっと…。ともかく先の2店とは印象が違うのでちょっと違和感を感じてしまった。

とっぷり日が暮れて雨が強く降る中見知らぬ田舎町を歩くのは心細くもあるが、食べ歩きをやっているとしばしばこういう事がある。だから「あぁ今我は好きな食べ歩きをしている最中なのだなぁ」とこういう時にしみじみ思ったりするものだ。25分かけて十文字駅に戻ってきた時は夕方6時前。傘をたたんで駅舎に入ると驚いた事に駅が閉まっていた。5時で営業終了なのだそうだ。田舎ってこういう事があるんだね。乗車証明書だけはバスの乗車券のように自動で出てくるシステムなのでそれを取ってホームに向かう。誰もいない田舎の駅舎って不安なものだけど。ホームの待合室に入ったら女子高生が1人いた。何となくホッとしたが、あちらからすれば逆に不安だよな。ともかく30分ばかり秋田行きの電車を待った。もう今日は秋田のビジネスホテルで宿泊するだけなので新幹線などには乗り変えずそのまま秋田まで乗って行った。この電車が途中平気で20分くらい停車するものだから秋田に到着したのは20時半近くになってしまった。

« 湯沢長寿 | トップページ | 秋田夜麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十文字麺:

« 湯沢長寿 | トップページ | 秋田夜麺 »