カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 善兵衛跡 | トップページ | 湯沢長寿 »

2010年10月 9日 (土)

角館伊藤

またもや三連休。恒例の食べ歩き遠征。今回の目的地は秋田に設定した。しかしその決定をしたのは何と4日前の夜。仕事の状況では中止が十分考えられたからだ。何とか行ける見込みが立ったので新幹線の予約をしたらもう予約でいっぱい。こまちって全席指定だったんだ。背に腹は代えられず悩んだ末に唯一予約が取れたグリーン席を確保した。

Kadonotate00 当日は朝7時に家を出発した。バスには乗れなかったので歩いて最寄駅まで向かった。東京駅8時半発のこまちに搭乗。初めてグリーン席に座る。フカフカのシートに足をのせる台まであって、しかも定期的にお茶のサービスまであった。長距離乗る場合は確かにいいかも知れない。新幹線は11時50分に角館に到着した。今日は生憎の天候だが何とか持参した折りたたみ傘を出すまでもない小降りだ。駅から徒歩15分ほど。目的の店『伊藤』に何とか到着出来た。何とかというのは店舗が看板もないちょっと立派な2階建ての一般宅だからだ。事前の調査と来客の雰囲気から何となく予想で近付いてみたらここだった。その一般宅の脇のスペースを使っている。厨房にはいかにも職人気質といった雰囲気の店主1人。奥には製麺器が見える。この店は4年以上前に訪問したことのある王子にある名店『中華そば屋 伊藤』の師匠筋、店主は王子『伊藤』の兄だという。自家製麺とスープのみで勝負するという男らしいラーメンだ。厨房前にL字型カウンター7席のみ。入口に券売機。先客6人後客2人。

Itou00Itou01手打ち 伊藤 『肉そば』 650円

チャーシューメンにあたる肉そばを注文。小さなチャーシューが4つほど入っているだけだけど。麺は角ばった中細ストレートでボキボキという食感。これほどのかためは珍しい。煮干しが前面に出たスープ。しょっぱめだけど美味しい。具は薬味ネギと玉ネギ。王子の店には玉ネギは入っていなかったと思う。あとトッピングの凄く小さなチャーシュー4枚。肉そばにする必要はなかったか。これは間違いなく麺が主役のラーメンだという気がする。都会から離れたこんな場所に、これほど個性的かつハイレベルなラーメンを出しているという事実にただ驚いた。当然完食マークを出した。

東北の小京都と言われ、雰囲気のある武家屋敷などがある観光で有名な角館。ちょっと観光したいなぁと思うが、次の新幹線に乗らなければならない。滞在時間1時間も無かった。ちょっと後ろ髪引かれる思いだが仕方がない。何の為って我はラーメン食べ歩きの為に来たのだから。秋田食べ歩きはまだはじまったばかりなのだ。

« 善兵衛跡 | トップページ | 湯沢長寿 »

コメント

おお!食べ歩きで秋田までなんてやりますね!
範囲も広いし楽しみにしています~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角館伊藤:

« 善兵衛跡 | トップページ | 湯沢長寿 »