カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 秋田夜麺 | トップページ | 天下改麺 »

2010年10月10日 (日)

秋田地麺

秋田市には「江戸系ラーメン」と言われる地ラーメンが存在すると聞いた。一見一般的な醤油ラーメンなのだが、上にかなり辛味の薬味がのっていて、卓上の酢で辛味を調節するという食べ方をするラーメンらしい。本日はその江戸系を味わう事が主目的だ。

いつもなら朝6時前に一度目が覚めるのだが、この日は起きたのが朝8時くらいだった。朝9時前にはホテルをチェックアウトし、とりあえず市役所方面行きのバスを探した。結局見つからなかったのでしばらく歩いてから途中でバスを捕まえた。とりあえず山王十字路という場所まで行こうと思ったが、「このバスもしかしたら小江戸の近くまで行くのでは」という直感がした。『小江戸』というのは本日のメインというべき店で、江戸系の中でも人気が高く朝から行列が出来るらしい。しかも昼の4時間のみの営業で、市の中心部から離れた場所にあるという難易度。どうやって行くか悩んでいたのだ。おそらくこの辺りだろうとヤマカンでバスを下車。ケータイサイトを活用して歩いていると見事に『小江戸』に辿り着いた。開店予定時間の20分前だが、店の前の駐車場には車の中で開店を待っているらしい人がいた。ならばここで傘をさしてひたすら開店を待つ事にした。もう10人以上の行列が出来ている。ようやく開店時間近くになるとおばちゃんが1人出てきて番号が書かれたプラ板を渡してきた。3分ほどして暖簾がかかり入店。店内は蕎麦屋のようで4人がけテーブル席が6卓ほど。厨房にはおばちゃんばかり3人。口頭で注文。セルフで水とレンゲを準備して待った。

Koedo00Koedo01らーめん 小江戸 『らーめん』 500円

プラ板食券はラーメンと引き換えにおばちゃんが持って行ってしまった。まだ支払いが済んでいないのにそれでいいの?まぁいいかとラーメンに向かう。スープはいたって普通の醤油スープだし、麺は多加水気味のちぢれ細麺。具は薬味ネギにメンマ数本、チャーシュー1枚。上にニラ混じりの辛味がのっている以外は全く普通の醤油ラーメンだ。何でこれが開店前に行列が出来るほどの人気なの?いや、悪くは無いんだけど、あまりに普通すぎて理解に苦しんでしまった。後半セオリー通りに卓上の酢を入れてみたが、やっぱり普通の醤油ラーメンに酢を入れた感じ。スーラータンメンのようになっただけ。食べ方がちょっと違う普通の醤油ラーメンが江戸系だと理解した。料金は後払いで無事済ませた。

その後また大通りに出てバスを待ち山王十字路まで戻った。そこから何度か迷いつつも秋田市役所の裏手にある『大江戸』という店に辿り着いた。ここは江戸系の総本山との事。不定休なので心配したが無事営業中の札を見る事が出来た。早速暖簾を割る。4人がけテーブル席が8卓ほど。厨房のお姉さんに口頭で注文しプラ板食券を貰う。そしてコップに水を汲みレンゲをその上に設置し待機。ラーメンとプラ板食券を交換した。厨房にはおっちゃん店主1人と女店員2人。先客6人後客4人。

Ooedo00Ooedo01大江戸 『ラーメン 小』 500円

こちらも麺の量で選ぶだけ。小は並盛りにあたる。こちらも至って普通の醤油スープにちぢれ細麺。具は薬味ネギ、メンマ数本、脂身の少ないサッパリチャーシューの上に辛味薬味。途中卓上の酢を投入するも、感想は『小江戸』と一緒だった。しかし江戸系という地ラーメンを食する事が出来て満足だ。

その後また山王十字路の方に戻ったのだが、途中で昨夜断念した『末廣ラーメン本舗』の本店を発見した。でも昨夜支店で食べたのでここは後回し。10分ほど歩いたところにある『ラーメン吾作』という大きな店舗の店に入った。能代市に本店があり県下に5店の支店を持つ。TVCMなどもうっているようで秋田では有名な店らしい。厨房には男の店員3人と女の店員2人。厨房前に一列20席くらいのカウンター席。あとは4人がけテーブル席が10卓はあっただろうか。先客も20人くらいはいたと思う。料金先払い。秋田は料金先払いが多い気がする。

Gosaku00Gosaku01吾作ラーメン 秋田山王店 『みそ味』 680円

ここは味噌がウリのようなので基本ラーメンの味噌味を選択。基本的には普通の味噌ラーメン。但し野菜炒めではなく薬味ネギ、メンマ数本、海苔1枚、大きめのチャーシューがノーマルで4枚くらい入っている。麺は中太ちぢれ麺。味噌濃度も濃いめ。近所にあったとしたら、わざわざ通うまではしないまでも通勤途中にあれば確実に選択肢に入れるくらい安定感を感じさせる一杯だった。

また10分ほど歩いて先ほどの『末廣ラーメン本舗』本店に戻ってきた。今度は暖簾を割り入店。青森や盛岡、高田馬場にも支店がある。こちらも狭い店内。入口に券売機。厨房には店主と若い男の店員と女の店員の3人。L字型カウンター9席。先客7人後客3人。

Suehiroramenhonpo00Suehiroramenhonpo01末廣ラーメン本舗 秋田山王本店

『末廣塩中華そば 並』 680円+『ヤキメシ1/2』 300円=980円

昨夜気になっていた塩味を注文。『新福菜館』のラーメンの塩味って想像がつかなかったが…やっぱり醤油の方が妥当だった。あっさり塩スープとこのかための中細ストレート麺は合っていない。バラ肉も醤油味だから美味しいのだった。一方ヤキメシは確実に美味しかった。パラパラでいい感じに炒められ香ばしかった。

もう腹は限界だ。秋田食べ歩きはこれにて終了。突発的に出発したが目的の店は全て回れたし満足だ。バスで駅に戻り途中の物産展できりたんぽ鍋のセットを自宅に配送依頼してお土産も終了。帰りの新幹線は事前に購入していたので一般指定席で帰路についた。

« 秋田夜麺 | トップページ | 天下改麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田地麺:

« 秋田夜麺 | トップページ | 天下改麺 »