カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 山形拉麺 | トップページ | 南陽拉麺 »

2010年8月 6日 (金)

天童拉麺

山形駅から奥羽本線各駅停車に乗る。230円。車内の空調が嬉しい。20時過ぎに終点、天童へ到着。駅から10分ほど進んでようやく本日の宿へ到着。せっかく天童温泉に来てビジネスホテルなのが残念だが。とりあえず荷物を部屋に置いてすぐ出発。そう、まだこの日は終われない。天童に宿を取ったのは訳がある。宿から1分弱の場所にある老舗の蕎麦屋『手打ち水車生そば』。そこのまかない食として食べていた蕎麦の和風だしスープと鶏肉を使ったラーメンが裏メニューとして客に出していたら評判になって…っていう東池袋大勝軒のもりそばと同じような経緯で有名になったのが鶏中華というメニューだ。この店以外に出している店は聞いていないのでご当地ラーメンというのは語弊があるかもしれない。でも天童では有名な一品なのでいただく為に早速暖簾を割る。大きな店舗だ。入口には土産物が売っている。3人がけテーブル席2卓、8人がけテーブル席1卓、12人がけテーブル席2卓、座敷に6人がけテーブルが6卓。もしかしたら他にも座敷があるかもしれない。ここは夜23時まで営業。席は常に6割以上埋まっている状況。おばちゃん店員多数。口頭で注文。

Suisyanamasoba00Suisyanamasoba01 手打ち水車生そば 『元祖 鶏中華』 650円

スープはほぼ蕎麦液と一緒の味。そこに黄色い中太ちぢれ中華麺が入っている。具はきざみ葱、天カス、三つ葉、きざみ海苔、それと鶏肉。黒胡椒も効いている。そこそこ美味しかったがこれはラーメンなのか疑問だ。味は蕎麦だもん。ご当地ラーメンじゃなくてご当地麺料理と言った方がいいのかな。支払い時についでにお土産を購入し宿に戻った。

とにかくハンパじゃなく暑い中の食べ歩きはきつくて、水シャワーをたっぷり浴びて爆睡した。

« 山形拉麺 | トップページ | 南陽拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天童拉麺:

« 山形拉麺 | トップページ | 南陽拉麺 »