カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 門司豚骨 | トップページ | 一風豚骨 »

2010年7月18日 (日)

博多豚骨

門司から小倉、小倉から新幹線に乗り博多駅に戻って来たのは18時頃。工事中のJR博多駅構内を横断し博多口に出て、更に徒歩8分くらいの所にある『博多一幸舎』本店へ。新・博多とんこつを名乗るニューウェーブ系の中では結構有名な店で福岡県を中心に10店舗を構えている。入口に券売機。店内は黒でシック。席数はメモを取っていなかったがテーブル席を含め20席くらいはあったか。店内は豚骨臭がする。店員は男のみ3名。先客6人後客3人。

Hakataikkousya00Hakataikkousya01博多一幸舎 博多本店

『ラーメン(バリカタ)』 650円

基本筆頭メニューを注文。あまり待たされずラーメンが登場。スープがやたら泡立っている。なかなかに濃厚なスープのようであるが、飲んでみるとクリーミーだが後味はさっぱりしている。でも味は多少濃かったかな?極細ストレート麺は自家製麺らしいがちょっと粉っぽいがそこがいい感じ。具は青ネギの小分け切り、細切り小分け切り、チャーシュー数枚。結構スタンダードな博多ラーメンだったので意外と印象が残っていない。

駅の方に戻りバスセンターからバスに乗り警固と言う場所に移動。渋滞にはまり短い距離でも20分くらいかかった。そこから歩いて5分ほどで次の目的店『秀ちゃんラーメン』に19時過ぎに到着。3年前にもなるが赤坂にある『ラーメン秀』に行ったが、ここはその本店みたいなもの。ちょうど直前に4人組が来たのでしばらく待ったがすぐ入店出来た。店内は黒でまとめられている。L字型カウンター15席。厨房には男の店員数名。口頭で注文。

Hidecyanramen00Hidecyanramen01秀ちゃんラーメン 『ラーメン(バリカタ)』 650円

ここでも基本のラーメンを注文。『ラーメン秀』同様背脂チャッチャの博多ラーメン。こってりだ。麺は極細ストレート。薬味ネギとチャーシュー数枚。最初はいいんだけど数口で飽きてしまった。チャーシューは美味しかった。

この後『鈴木商店』に寄ったのだが営業していなかった。仕方なくホテルまで15分くらいかけて戻った。シャワーを浴びて速攻でベットに倒れこんだ。

« 門司豚骨 | トップページ | 一風豚骨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多豚骨:

« 門司豚骨 | トップページ | 一風豚骨 »