カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 真夏風風 | トップページ | 大船浸麺 »

2010年7月30日 (金)

福富自由

なんとか酷暑の中の勤務を終えて一週間を乗り切れた。今夜は帰りに関内駅で下車しイセザキモールを通って福富町方面へ歩いた。大人のおもちゃ屋の裏手という渋い立地に、狭く汚い、ある意味雰囲気がある黄色い看板を掲げるラーメン店がある。赤いテント屋根に赤い暖簾。入るのにちょっと勇気がいるが早速暖簾を割る。案の定狭い店内に意外と言っては何だが4人先客がいた。厨房前のカウンター5席に壁際を背にして座る2人がけテーブル席2卓。厨房にはこれまた味わいのある熟年夫婦2人だ。TVがBGV。

Jiyuuken01ラーメン・餃子 自由軒 『醤油ラーメン』 500円

筆頭に醤油、次に塩ラーメンがあったが、餃子だけではなく炒飯や五目やきそばなど一品料理もある。いわゆる出前メインの中華料理屋なのかな。シンプルな場末系ラーメン。ちょっとラードが多めなのが特徴と言えば特徴。麺は中太ちぢれ麺。具は薬味ネギ、ワカメ、チャーシュー1枚。チャーシューはちょっと肉厚で良かったかな。

場末系1件ではちょっと不満だったので日ノ出町方面まで出てみる。『武者がよか』『たかさご屋』等あったが、ちょっと足を伸ばして良い印象が残っている博多ラーメンの『たつ屋』へ4年ぶりの訪問をしてみることにした。入口に券売機。カウンター11席と4人がけテーブル席が2卓。厨房には親父が1人。先客5人後客1人。

Ramentatuyahinode011らーめん たつ屋 日ノ出町店

『博多ラーメン(麺バリカタ)』 530円

食券機の時点で麺のかたさ指定が出来るのでわずらわしくなくて良い。ラーメンはすぐ出てきた。今まで博多ラーメンに対して習慣で最初から紅生姜と胡麻をふっていたが、福岡遠征からそれは止めにする事にした。予想以上に味が変わってしまう事が判ってしまったからだ。それにしても福岡だってこんな安くなかった値段で、福岡でも見たことがない大きなチャーシューがでんっ!とのっている。スープは豚骨醤油味でとても旨い。麺も我好みのかたさ。他に具はきくらげの細切りと青ネギの小分け切りもちゃんとのっている。初訪の時と印象は変わらずとても良い店だと思う。満足だ。

帰りはバスで戻った。

« 真夏風風 | トップページ | 大船浸麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/49016547

この記事へのトラックバック一覧です: 福富自由:

« 真夏風風 | トップページ | 大船浸麺 »