カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 博多夜行 | トップページ | 小倉豚骨 »

2010年7月18日 (日)

長浜騒動

よく混同されてしまう博多ラーメンと長浜ラーメンの違いを改めて書いてみよう。

博多ラーメンとは博多名物の鶏の水炊きの後、中華麺を入れて食べたのが始まりとされ、本来は鶏ガラ醤油ラーメンだったのだという。麺も細麺とは限らない。スープはじっくり弱火で煮込こまれるので透明さを保ち、臭みを消す為博多しょうがを使っているのが特徴だという。

一方、長浜ラーメンは市場の労働者の為のラーメンとして誕生した。ドラム缶で豚骨を強火でガンガン炊いて骨髄が出てきて独特の臭いを放つ白いスープが出来上がり。そして時間が無い労働者達に早く提供できるように極細麺を使用し、足りなかったら替え玉システム。

つまり長浜ラーメンが強烈なインパクトを放った事から、長浜ラーメンが博多のラーメンという事になり、いつしか一緒の豚骨ラーメンになっていったというのが定説である。

その原初の長浜ラーメン。ここ数年穏やかではない事態に陥っているという。

ぼんやりと福岡遠征を考えて下調べをしていた時に初めて『長浜屋』の閉店を知った。福岡一の有名店で長浜ラーメンの代名詞とも言える店だったのでショックだった。よくよく調べると3年前閉店したのは本店の方で、何故か支店はまだ営業しているという。奇妙な話だった。何でも店舗の老朽化が原因だとか。ちょっと安心していたら昨年8月31日に支店も閉店してしまったという情報が流れた。大騒ぎになったそうだ。一ヶ月後営業は再開したものの、特徴であった24時間営業が突然昼のみ営業になってしまった。何やら不穏な空気。そして昨年12月21日、とうとう『長浜屋』の元店員数名が『長浜屋』店舗の道路を挟んで向かい側に一字違いの『長浜家』を出店した。ビッグネームが峠を越えた時にだいたい起こるお家分裂騒動だ。そして今年3月、元の『長浜屋』が道路拡張工事の為2カ月休業に入ってしまう。その間に『長浜家』が勢力拡大に乗じるかと思ったら、ここで更に分裂騒ぎが生じた。『長浜家』店舗の道路を挟んだ向かい側、つまり『長浜屋』のすぐ隣に新たな『長浜家』の店舗を出してしまった。5月には『長浜屋』も移転が完了し営業再開。三つ巴の骨肉の争いになってしまった。こうなったらこの状況を客観的に逆に楽しんでしまおうと思った。

早朝6時にホテルを出て徒歩5分ほどで現地に到着。まずは『元祖 長浜屋』に入店。立体駐車場かなにか大きなビルの1Fに店舗を構えている。入口外に券売機。まっ白い殺風景な店内。8人がくらいのテーブルが4卓あるのみ。どこに座っていいか迷った。厨房前にヤンキーのような若い男の店員が数名並んでいるが誰も案内はしてくれない。仕方なく空いてる席に座る。食券を渡すが麺のかたさなど何も聞いてこない。独自のルールがあるようだ。Nagahamaya00Nagahamayai01元祖 長浜屋 『ラーメン』 400円

すぐにラーメンは提供された。麺のかたさは勝手に普通にされてしまったのだろう。スープは思ったより透明度があり、味が薄く油っぽい。そしてニンニクが入っている。慣れた先客はニンニク抜きとかいう注文もしていた。卓上にはスープの元が小さなやかんに入っており好みによって調整するようだ。そして麺は極細ストレートだが、それほど細くなく量も多かった。これが長浜ラーメンか。我は全然長浜ラーメンというものを知らなかったんだなぁ。具は薬味ネギ、と肉片数枚とシンプル。

次は隣にあった『長浜家』。こちらは後から分裂した方の店。店外に券売機。店内は同じようにまっ白で殺風景。子供が店内を走らないよう注意を呼び掛ける看板まで『長浜屋』と一緒だ。店員は男ばかり5人。テーブル席は同じく4卓くらいだったと思う。こちらも店員同士話をしているだけで客を案内しようという事はしない。これが長浜伝統のスタイルなのか?よってまた麺のかたさはノーマルになったようだ。

Nagahamake200Nagahamake201元祖ラーメン 長浜家(港) 『ラーメン』 400円

『長浜屋』との違いはあまり感じられない。多少スープに味がありしょっぱいのと、やや麺が細くなった気がする。

最後に道路を挟んだ向こう側にある『長浜家』。こちらが元祖『長浜家』。カウンター7席、4人がけテーブル席6卓。男の店員ばかり6人。こちらだけは券売機は無く口頭の注文。そのせいか接客態度は一番良く、麺の好みも聞かれたので注文出来た。

Nagahamake100Nagahamake101元祖ラーメン 長浜家(大手門)

『ラーメン(麺カタ)』 400円

やっぱり味の違いが良く判らないが、『長浜屋』よりは味がしっかり出ている。そして麺のかたさを指定出来たからか、こちらが一番麺が細かった気がする。総合的には接客態度含めこの最後の店が一番良かった。

しかし朝っぱら豚骨ラーメン早くも3杯食。ちょっと腹ごなしに舞鶴公園を散歩してからホテルに戻った。今日も暑くなりそうだ。

« 博多夜行 | トップページ | 小倉豚骨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長浜騒動:

« 博多夜行 | トップページ | 小倉豚骨 »