カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 和蔵味噌 | トップページ | 達磨味噌 »

2010年6月 4日 (金)

南町田塩

会社帰り久々に長津田で下車し田園都市線に乗り換えてのラーメン遠征だ。南町田という駅で初めて降りる。大きな道路ばかりある造成地みたいな町だ。目的の店は町田街道にあるのだが、駅からだと大和バイパスや厚木街道などの大きな道路を縫って行かなければならない。土地勘が無いのでこういう場所は迷うのだ。間違った方向に角を曲がってしまい東名入口の方に出てしまった。駅から15分くらい歩いたというのに無駄足になってしまった。苦労して町田街道に出る事が出来た。そこからまた8分ほど歩いた。今日は結構歩くハメに陥ってしまった。ようやく見えた黄色い看板。屋号は『小川軒』。引き戸を開け入店。内装は和風で木や竹が使われており、白い壁には店主が「ありがとう」とか「感謝」の文字が入った詩のようなものが書かれている。厨房には痩せた男の店員が2人。J型カウンターに横長の2人がけようの椅子が6脚並んでいる。先客1人後客3人。

Ogawaken01名物塩らーめん 小川軒 『塩らーめん』 650円

珍しく塩ラーメンを看板に掲げる店だが、醤油や味噌もある。だがやはり筆頭塩を注文。魚介出汁が強めに出て表面に油が多いタイプのスープに刻み青ネギと白胡麻が浮いている。シコシコした中太ストレート麺。具は薬味ネギと細切りメンマとロースチャーシュー。柚子の欠片も入っている。久々に上級の塩ラーメンに出会えた。苦労して歩いた甲斐があったというものだ。また駅までの長い道のりを歩いた。

« 和蔵味噌 | トップページ | 達磨味噌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南町田塩:

« 和蔵味噌 | トップページ | 達磨味噌 »