カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 和蔵二郎 | トップページ | 手広深沢 »

2010年5月28日 (金)

町田夜止

毎度の事だが定時退社日だというのに何なんだこの時間はというで退社。時間的に食べ歩きの選択肢も限られ町田へ。店も決めていないので何となく彷徨っていたら見つけた店『NAGAHAMAろくまんぼー』という店へ入店。昨年末12月1日にオープンした新店とのこと。屋号から相模原の『NAGAHAMAラーメン』と同じグループだとすぐ分かった。入口脇に券売機。L字型カウンター10席と4人がけテーブル席2卓と2人がけテーブル席3卓。男の店員ばかり5人。席は7割ほど埋まっていた。壁には7玉食べるとオリジナルTシャツが貰える企画の宣伝がされていた。

Rokumanbou01NAGAHAMA ろくまんぼー 『黒塩とんこつ』 700円

筆頭メニューを注文。小ライスサービスだったが止めておいた。結構いい値段だな。魚介豚骨醤油スープ。マー油がかかっているようだがほとんど印象が無い。ちょっとスパイシーな感じがするかな程度。麺は中太平打ち麺でややかため。デフォルトは太麺だが頼めば細麺に変えられるらしい。具は薬味ネギ、メンマ数本、半味玉、大きめの巻きバラチャーシュー2枚、海苔2枚。可も不可も無くといったところ。印象は薄い。

しばらく歩いたところの繁華街路地裏にもう一店発見。『真砂(まさご)』といういかにも場末といった雰囲気。朝8時まで営業と頑張っている。奥に伸びる狭い店内。突き当りの厨房には中年の店主?1人。厨房前にカウンター3席、2人がけテーブル席3卓、4人がけテーブル席3卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

Masago01中華麺 真砂 『ラーメン(豚骨醤油)』 600円

基本のラーメンを注文。味は豚骨醤油・豚骨塩・醤油・塩から選べるが、黙っていると豚骨醤油になるようだ。家系とは異なる豚骨醤油。豚骨濃度は低く鶏油が多めに入っているのが特徴。麺は中太ちぢれ麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、メンマ数本、海苔2枚、半味玉、チャーシュー1枚。2杯目だったけれど苦も無く美味しく食べられた。店内は清潔とは言えないがほっとできる好印象の店。

帰り横浜線が人身事故で50分も遅れた。おかげで町田に閉じ込められ帰宅出来たのは日付が変わってからだった。

« 和蔵二郎 | トップページ | 手広深沢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町田夜止:

« 和蔵二郎 | トップページ | 手広深沢 »