カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 環二闇憑 | トップページ | 降雪火曜 »

2010年3月 6日 (土)

相模車行

先々週に続いてペーパードライバー脱却訓練を兼ねたラーメン店訪問。しかし週末は天気が下り坂だと判っていたので中止にしようとかと思った。しかし良く考えたら「雨の日こそ車」なのだった。昨夜の内にトヨタレンタカーでヴィッツを予約しておいた。案の定雨の土曜日。朝9時半前に家を出て近所の寺に参拝後、いつもの駐輪場にスクーターを止めてレンタカー営業所へ向かう。先客が結構いて待たされたが10時頃にドライブ出発。今日の目的地は相模原の奥地。最初は津久井湖をカーナビの目的地としてセットした。保土ヶ谷バイパスから国道16号線に抜けるルートだ。しかし16号に乗った時から渋滞にはまりだした。到着したのは何と2時間半後の昼12時半だった。雨の日は渋滞に遭遇しやすいという当たり前の事を認識した思いだ。だけどこの雨の日に何だってこの津久井湖に人がいっぱい来ているのか判らない。ダムの近くに目的の店『しょうわ軒』を発見。広い駐車スペースに車を駐車し早速暖簾を割った。厨房にはおばさんが1人できりもり。L字型ステンレスのカウンター8席のみのこじんまりとした店内。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

Syouwaken00 Syouwaken01 らーめん しょうわ軒 『中華そば』 650円

筆頭基本のメニューを注文。玉ネギの角切りが入っているところを見ると八王子系に入るのかな?この辺りまでくると地理的にも八王子と接しているからな。でもスープは八王子系ほど濃くはない。鶏油と醤油であっさり仕上げたもの。麺はけっこう歯ごたえのあるかためのちぢれ細麺。具は玉ネギの刻み、ほうれん草、メンマ数本、海苔2枚、巻きバラチャーシュー1枚。シンプルながら美味しい一杯だった。

津久井湖で多少はブラブラしようかと思っていたが、到着が遅れたし雨が降っていたしで諦め、即次の目的店へ出発した。今度は田名の工場地帯にあるという『壱番』という店だ。確かに長い工場の壁が並ぶような場所に店はあった。元々屋台営業していた店が5年前にこの倉庫を改造した店舗を持ったという。中に入ると結構広く雑然とした雰囲気。卓上には漫画雑誌、本棚には漫画単行本が大量に置いてある。大きな16人がけテーブルが1卓と座敷に4人がけテーブル3卓。先客6人後客6人。客層はやはり作業服を着た工場勤めの人達が大半だ。厨房は一番奥にあり店主一人。海千山千の雰囲気を持つ主人は人当たりはいい感じだが、なにせ1人でやっているので忙しそうだ。口頭で注文。

Yatairamenichiban00Yatairamenichiban01屋台らーめん 壱番

『げんこつらーめん醤油(太麺)』 550円

13時半過ぎに入店したが、その時点でいくつかのメニューが終了していて、店主が客に説明していた。本来は細麺と太麺が選べるようだが、もう細麺は切れていたので強制的に太麺になっていた。我は基本と思われるメニューを注文。客が8人以上になるとキャパオーバーになるらしく店主は忙しそうにしていたので大分待たされた。ようやく登場したラーメンは何と石焼きビビンバの器に入って出てきた。石焼きラーメンか?一般的な東京背脂チャッチャ系の醤油ラーメン。麺は太麺といいつつ結構細く若干縮れている。具は薬味ネギ、メンマ、ワカメ、海苔1枚、半味玉、巻きバラチャーシュー1枚。とにかく熱過ぎて味がハッキリ判らなかった。コストパフォーマンスは高いかもしれない。

店を出た時には既に時刻も14時近くだったのでまたもや即出発。今度は原当麻周辺にある『国界(こっかい)』本店だ。長野に本家の店があり、そこから暖簾分けをされたという。早速暖簾を割るL字型カウンター9席と2人がけテーブル席が3卓。でも宴会受付の貼り紙もあり、我が入店する前におそらく葬式帰りと思しき集団が多数入店していたようなので2階席もあると思う。厨房には初老の親父店主と男の店員1人、女性店員3人と計5人態勢。1階席の先客5人後客1人。口頭で注文。

Kokkai00Kokkai01お食事処 国界 本店 『ラーメン』 800円

筆頭基本のメニューを注文。ラーメンは醤油味一本勝負。スープは鶏油が主張するあっさり醤油味。麺は中細ストレート麺。具は薬味ネギ、多めのメンマ、ナルト1枚、海苔1枚、バラチャーシュー1枚。バランスの良さは感じたが値段の割にはあまり特徴が感じられない一杯であった。

禁断の4店目に突撃。今度は下鶴間にある丸長のれん会加盟店である『丸龍』へ。住宅街の細い路地にある年季の入った町の中華屋といった店構え。入店すると内装もいい感じで汚れた昭和テイストな内装だ。カウンター4席、4人がけテーブル席3卓。厨房とは仕切りがあるが窓で中の様子は判る。若い男の店主と口調と動作がコミカルなお婆さんの2人。先客1人後客1人。口頭で注文。

Maruryuu00Maruryuu01ラーメン・つけめん 丸龍 『中華ソバ』 500円

筆頭基本のメニューを注文。魚介ダシが後からじんわり効いてくるあっさり醤油スープ。麺はコシのある中太平打ちストレート麺。具は薬味ネギ、メンマ、チャーシュー。近所にさりげなくこんなラーメンを出す店があったら評判になると思う。しかも1コインでこのボリュームだし。さすが丸長のれん会だ。

1日雨中のドライブだったが無事4時過ぎには返車が出来た。

« 環二闇憑 | トップページ | 降雪火曜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/47739732

この記事へのトラックバック一覧です: 相模車行:

« 環二闇憑 | トップページ | 降雪火曜 »