カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 床屋変換 | トップページ | 大師拉麺 »

2010年2月26日 (金)

日吉大勝

年に一度あるかなしかの確立で定時退社日に18時前に退社出来た。しかし生憎の雨降りだ。相模原方面に行く気力が失せ順当に横浜方面の電車に乗った。久々に菊名から東横線に乗り換え日吉に行く事にした。そうしたら人身事故で東横線のダイヤが乱れているとか。それでもホームに降りるとちょうど各駅停車の渋谷行きの出発間際だったので乗車。日吉駅前路地奥にあった『實や』が閉店し、今月10日に居抜きで永福町大勝軒の店が出来たとの事なので行ってみた。相変わらず狭い店内。厨房には男の店主と女性店員、おばさん店員の3人。変形一列のカウンター7席で先客5人後客は5人。口頭で注文。

Hiyoshitaisyouken01 中華麺専門店 日吉大勝軒 『中華麺』 800円

筆頭基本メニュー注文。正調永福町大勝軒中華麺。煮干風味のラードがきついスープに柔らかめに茹でられた中太ちぢれ麺。具は薬味ネギ、メンマ数本、海苔1枚、チャーシュー1枚。久々の永福町系大勝軒を食べたので美味しく感じた。しかしだいぶ後から来た後客と順番を逆だしされて不愉快になった。しかも我のものから麺もだいぶ移された。客はそういうの見ているものだ。

大ボリュームの永福町系の一杯だったので今夜はこれでおしまい。帰りの電車もちょうど出発間際で飛び乗って横浜へ帰った。

« 床屋変換 | トップページ | 大師拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日吉大勝:

« 床屋変換 | トップページ | 大師拉麺 »