カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 木祝二郎 | トップページ | 上溝雪歩 »

2010年2月12日 (金)

横山夜行

珍しく19時前に退社出来た。本当に久々なのでテンションが上がり、相模原まで遠征する気になった。19時半頃相模原駅に到着。バスターミナルからバスに乗り10分弱、横山小学校前というバス停で下車。バス停の目の前に目的の店『熱血らーめん 遊びじゃネェんだよ!』があった。凄い屋号だなぁ。すぐその手前には『壱発ラーメン』が見える。オレンジ色の看板に赤字に白文字でラーメンと書かれた昔ながらの暖簾がある。店外入口脇に小さな券売機がある。入店すると厨房に店主が1人。屋号の割には真面目なように感じられる。丁寧にラーメンを作っていた。L字型カウンター9席に先客5人後客3人。

Asobijyaneendayo01 熱血らーめん 遊びじゃネェんだよ!

『熱血豚骨』 700円

熱血豚骨と熱血醤油の2本立て。券売機では熱血豚骨が上にあったのでそれを選択。出てきたラーメンはスープがドロドロで驚いた。ゲル状だ。極細ストレート麺を持ちあげると、ボトボトッとスープも一緒についてくる感じ。味は魚介風味の豚骨味。具は九条ネギの刻み、糸唐辛子、半味玉、角煮っぽく味付けされたチャーシュー2枚。端にあるピンク色のものは紅生姜をペースト状にしたものだそうだ。気がつかなかったがあまり意味がないのでは?と思う。それでも随所に個性を出そうとしている工夫が感じられ好感が持てた。もうひとつの熱血醤油は京都背脂系らしいのでこちらも食べてみたくなったぞ。

時計をみるとまだ20時前だ。夜中わざわざこんなところに来たのでせっかくだからも1店行く事にした。横山団地方面に10分ほど歩いた。するとラーメン屋らしくない青い看板の店を発見。『青い鳥』という屋号の店だ。以前星が丘の食べ歩きを行った際発見してちょっと気になっていたのだ。ガラス戸をあけて入店。L字型カウンター12席で前後客無し。初老の店主がひとり暇そうにしていた。テレビがBGV。いかにも場末系の店だ。口頭で注文。

Aoitori01 ラーメン 青い鳥 『ラーメン』 600円

基本のラーメン注文。屋号を冠した青い鳥ラーメンは場末によくあるあんかけラーメンらしい。想像した通りのヴィジュアルの場末ラーメン。味も見たまんま。麺は中細ちぢれ麺。具は薬味ネギ、メンマ、ワカメ、海苔2枚、チャーシュー1枚。ワカメのしょっぱさとメンマの量だけが目立った。

バス停で5分程度待ったらバスが来たのでスムーズに駅に戻れた。

« 木祝二郎 | トップページ | 上溝雪歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/47549796

この記事へのトラックバック一覧です: 横山夜行:

« 木祝二郎 | トップページ | 上溝雪歩 »