カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 当矢壱七 | トップページ | 床屋変換 »

2010年2月20日 (土)

厚木車行

ここ3年ほど車の運転をしていないので「そろそろ練習しなきゃなぁ」と考えていた。週末は晴れるようなので昨夜の内にレンタカーを予約しておいた。そして普段の食べ歩きでは行けない厚木郊外の店を攻略するつもり。やっぱり緊張するなぁ。とりあえず近所の寺まで行って参拝し無事に帰れる事を祈願した。今はカーナビが付いているから慣れればどこでもドアのようになるのだろうが…。保土ヶ谷バイパスで厚木方面へ。ナビの指示通りに車を走らせる。10時過ぎに近所の寺を出て約100分で最初の目的地『元祖あじ平』に到着出来た。なかなかのレベルの支那そばがリーズナブルに味わえるとの事。この店は厚木の名店と言われる『○屋製麺店』の店主の修業先として知られている。前から行ってみたかったのだが何せとんでもない場所にあり、バスも走っていない(たぶん)。よってもし車を乗る事があったら真っ先に行ってみようと考えていたのだ。早速駐車場に車を置いて店に向かう。

Ajiheihonten00 元祖 あじ平

ところがどうも様子がおかしい。人の気配が無い。入口の扉も鍵がかかっている。何と臨時休業か?!これはショック!完全に出鼻をくじかれた。でも中の様子を覗うとそのちらかりようは単なる休みではなく閉店したように思えるなぁ。まぁしょうがない。カーナビに次に向かう店を入力しないと。次の店の屋号は『ごきげん鳥(とり)』という。この『元祖あじ平』で修業した人が出した店で、昼はラーメン店で夜は焼き鳥屋になるとう。そしてこの店もとんでもない場所にあるので車ではないと行けない店だ。今日はそういう店ばかりに行く事に決めていた。『あじ平』から車で20分ほどかかった。店構えは『○屋製麺店』に似ている。中に入ると木の梁がある昔の日本家屋的な内装で駄菓子とかが置いてある。厨房には若い男の店主とおばさんの2人。カウンター4席と4人がけテーブル席が4卓くらいか。先客1人だったがちょうど正午だったので作業着を着た親父達が続々と入店でほぼ満席だ。口頭で注文。ラーメンを待っている途中車を移動してほしいとおばちゃんに言われ駐車し直すハプニングもあった。

Gokigentori00 Gokigentori01 ごきげん鳥 『味玉ラーメン』 600円

限定のとりそばや屋号を冠したごきげんラーメン等と迷ったが、基本ノーマルの味玉入りを注文。基本のラーメンは今時500円だ。スープはやや甘口の醤油味魚介ダシがじんわりと効く我好みの支那そばだ。。ちぢれ細麺のぼそぼそ具合もいい感じで食感を与えてくれている。具は薬味ネギ、メンマ、ほうれん草、チャーシュー。オプションの味玉は黄身トロリ。緊張続きのドライブでようやくありついた一杯という事もあり、満足度も高い。汁一滴残さず完食!

車に戻り次の目的店をカーナビにセットした。するとこの『ごきげん鳥』から約3Kmと表示された。ほぼ道なりにまっすぐ行けば到着出来た。外装も看板も黒一色で塗りつぶされた『中華食堂 一歩』だ。近くの空きスペースに駐車するのが難儀した。早速入店。厨房には男の店員2人。カウンター6席と6人がけテーブルが2卓ある座敷席。先客8人後客8人。口頭で注文。Ippo00_2 Ippo01_2 中華食堂 一歩 『塩ラーメン(極細麺)』 600円

筆頭のラーメンは塩と醤油が選べる。更に麺も細麺と極細麺を選べる。こちらは塩がオススメになっており、塩だと極細麺がオススメになっているのでそれを各々選択。かなりかために茹でられた極細ストレート麺だった。具は薬味ネギ、メンマ、かいわれ、玉ネギ、半味玉、トロトロに柔らかいチャーシュー1枚。チャーシューも味玉も味が良かった。魚介もしょっぱさも感じない独特の塩スープ。出汁のバランスがいいからなのだろう。美味しいスープだ。値段も抑えめで非常に好感が持てた。

連食したのでしばらく駐車場で車を止めたまま30分ほど休む。当初から3店まわろうと計画していたが『元祖あじ平』にフラれたので次の店をどこにしようか検討。持ってきていた「神奈川ラーメンの繁盛店」に紹介されていた『麺処富士栄(ふじえい)』に行くことに決めた。ここも駅からは離れた立地にあるがかなり南下することになった。大きな店舗で駐車場も広いので車で来ると便利だな。早速入店。広い店舗なので席数は判らない。厨房前の長い一列のカウンター席だけで20席くらいあるのではないか?あとは4人がけテーブル席も7,8席はあったと思う。厨房には男の店員5人。客入りは4割程度。口頭で注文。

Fujiei00 Fujiei01 麺処 富士栄 『肉らーめん(麺かため)』 680円

看板にデカデカと書かれていた正に看板メニューを注文。家系同様好みが選択出来る。背脂がたっぷりのったサッパリした醤油豚骨スープ。麺は中細ストレート。具は青ネギの小分け切り、辛み入玉ネギの角切り、そして豚バラ肉。先日瀬谷でオープンした『丸源ラーメン』とそっくりだ。このラーメンは何というスタイルなのだろうか?フツーに美味しくて二郎系より食べやすいし、近くに出来れば選択肢になり得る感じの気楽に食べられる一杯だった。帰りに割引券を貰った。

お腹も一杯になったし戻る事にした。無事に家に帰る事が出来て本当に良かった。

« 当矢壱七 | トップページ | 床屋変換 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木車行:

« 当矢壱七 | トップページ | 床屋変換 »